フィールディング

【星稜高校野球部名誉監督・山下智茂氏が語る】大阪桐蔭の強さの秘密

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今年の甲子園の決勝戦、大阪桐蔭vs.金足農業の試合をラジオで聞いていたんですが、その試合の解説者をされていた星稜高校野球部の名誉監督である山下智茂氏が試合後に大阪桐蔭がなぜ強いのかについてお話しされていたんです。

山下氏はその強さの秘密はキャッチボールにあると仰っていました。「大阪桐蔭のキャッチボールは精度が高いんだ」と。

確かに山下氏が仰るようにショートを守っていた根尾選手なんかは素晴らしく精度の高いスローイングをしていましたよね。私がテレビで見ているときのスローイングはそのほとんどがストライク送球でした。動画を見てみると1球だけですかね。ショートバウンド送球になっているのは。でも、それ以外はほとんど捕球する選手の胸に捕りやすいボールを投げています。一塁手にも、二塁手にも、三塁手にも…。本当に素晴らしいスローイングをしているんですね。

これほど精度の高いスローイングをするのは簡単なことではありません。やはり山下氏が仰るように日頃からのキャッチボールを含めて一球一球を大切に投げてきた成果だと思います。ただ、残念ながら私が多くの野球選手を見ている限りでは自分が今から投げる一球の大切さを理解せずにボールを投げている選手がほとんどなんですね。それがもったいないなと思うんですけども…。実際には相当なキッカケがないとその大切さには気づけないようです。おそらく根尾選手のような選手は稀だと思います。

ただ、これほどお手本になる選手が高校野球に現れたわけですから、多くの野球少年たちにもその凄さをわかってほしいんですね。彼がピッチャーとして投げるボールのスピードとか、バッターとして見せるスイングのスピードとか、そういうものに目を奪われがちですけども…。私はそれ以上に彼のスローイングの素晴らしさに目を奪われました。

ですから、ぜひ多くの野球少年たちも明日の練習の1球目から根尾選手のようなスローイングができるように高い意識でキャッチボールをしてほしいなと思っています。

あっ!

せっかくですからワンランク上の選手を目指す選手のためのキャッチボール教材の特別キャンペーンを今日から日曜日まで開催します。ぜひ、この機会に学んでいただければと思います。

ワンランク上の選手になるためのキャッチボール論(日曜日までの限定サイトです)
※注)このサイトは月曜日(8月27日0:00)に自動的に閉鎖されますのでご注意ください

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【高校野球ドットコムさんのインタビュー記事から学ぶ】成功するバッターの頭脳
  2. 飛距離を伸ばすためにあのバッターが取り組んだ事とは?
  3. 【野村克也氏から学ぶ】配球理論
  4. 保護中: 【衝撃の事実】あなたはストライクゾーンを知らない!(パスワードは今日…
  5. 【挟殺】決して諦めるな!

関連記事

  1. フィールディング

    MLBの内野手は「ドッシリ」「ガッチリ」捕らない?そんな事はありません

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。内野守備の話にな…

  2. フィールディング

    【3つのピボット】練習してますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ピボットの練習し…

  3. フィールディング

    これからのキャッチャーに求められている技術とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ピッチャーが投げ…

  4. フィールディング

    【外野手の皆さん!】技術は磨いてますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。突然なんですが……

  5. フィールディング

    ワンランク上の選手になるための『キャッチボール論』

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は新しい教材…

  6. フィールディング

    バックハンド(逆シングル)に対するその考え方、甘くないですか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はちょっと見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ベースランニング

    チャーリー・ブラックモン選手のスライディング技術
  2. フィールディング

    野球界にも当たり前のように表に出てくるようになった『yips』
  3. バッティング

    ティーバッティングを工夫して新しい感覚を掴む!
  4. バッティング

    クリス・ブライアント選手の無駄のないスイング
  5. フィジカル

    焦りは禁物。
PAGE TOP