フィールディング

無死一、二塁の場面で誰も考えつかないプレーをした三塁手。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

無死一、二塁の場面で送りバント。この時、一番難しいのはサードの守備ですね。ピッチャーが処理できる場合は三塁ベースカバーですが、処理できない場合はサードの選手がその打球を処理しに行かなければなりません。これは本当に難しい判断なんですが、MLBでも屈指の三塁手であるノーラン・アレナド選手はそのシーンで誰も考えられないプレーを見せてくれました。今日はぜひ、その誰も考えられないプレーとそのプレーについての解説をご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【外野手の皆さん!】技術は磨いてますか?
  2. 【コーチング】選手を困らせていませんか?
  3. 【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる
  4. 【日本野球】相手を讃える姿をもっと見たい!
  5. これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。
PAGE TOP