フィールディング

無死一、二塁の場面で誰も考えつかないプレーをした三塁手。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

無死一、二塁の場面で送りバント。この時、一番難しいのはサードの守備ですね。ピッチャーが処理できる場合は三塁ベースカバーですが、処理できない場合はサードの選手がその打球を処理しに行かなければなりません。これは本当に難しい判断なんですが、MLBでも屈指の三塁手であるノーラン・アレナド選手はそのシーンで誰も考えられないプレーを見せてくれました。今日はぜひ、その誰も考えられないプレーとそのプレーについての解説をご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【海外の練習から学ぶ】動ける外野手になるための練習とは?
  2. 【日本一の二塁手から学ぶ】スーパープレーができる理由
  3. 日米の首位打者に共通しているバッティング技術とは?
  4. どんなボールにもついていけるようになる遊びとは?
  5. これからの選手に求められる事とは?
PAGE TOP