フィールディング

プロ野球選手になった男のテレビ画面に映らないバックアップ

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

久しぶりに母校の懐かしい試合を見ていたんですが…。その試合でプレーするひとりの野球少年の動きが今から甲子園で戦う選手たちの参考になりそうだったので紹介させていただきます。

実はその試合というのは1997年(平成9年)の試合なので、もう22年も前の試合なんですが…。見てほしいのは現在、広島東洋カープで打撃コーチを務める東出輝裕コーチの動きなんです。

この時、セカンドを守っていた彼はサードゴロやショートゴロの時にバックアップに走るんですが、彼のバックアップはテレビの画面に映らないんですね。まあ、ぜひ、そのバックアップを見てください。

もちろん彼には人並み外れた脚力があったのは事実です。実際に10秒ちょっとで三塁まで到達してしまうような選手でしたからね。

それにこの夏は酷暑で大変な甲子園になるかもしれないので決して無理はしてほしくないんですが…。内野手としてプロ野球選手になるような選手というのはこれくらいの動きをしていたんだということを頭に入れておいてほしいと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球選手がよくやるロングティー。打ち方は何種類?
  2. 野球選手なら積極的な走塁を身につけよう!そのために知っておくべき事とは…
  3. キャッチャーはキャッチャー練習だけしていてもダメだ!
  4. 【バッティング】スイングする時、軸足に体重は残ってない?
  5. 【オリックス・吉田正尚選手】フルスイングに対する誤解
PAGE TOP