フィジカル

人が能力を発揮する時というのは…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

面白い検証結果がありましたので紹介させていただきますね。どうやら人は見られり、応援されることで強くなるらしいんですよ。

この検証結果によると…

▽応援されることで選手の運動量が約20%アップ! 日本で初めて、観戦により選手の身体機能が向上することが証明される
測定数値としても、観戦による選手のパフォーマンスの向上が証明されました。走行距離は1.53km⇒1.73kmに、ステップ数は1486歩⇒1809歩に、心拍Zoneは87.83%⇒92.83%に、それぞれ格段に運動量・身体機能の向上が認められました。前半よりも更に心拍数が上がっているにも関わらず、後半の方が走行距離やステップ数が伸びていることから、見られたこと・応援されたことにより、心拍が高い疲れている状況でも頑張れていたことが分かりました。

※心拍Zone … 選手の心拍数を1〜5のZoneで測定。「心拍ZoneMAX」は最大心拍数200に達している割合の値。「心拍Zone80%」は心拍数160以上にいる割合の値

人は、見られることで、強くなる | 大勢に注目されることが選手のパフォーマンス向上に影響することを検証(インハイ.tv|スポーツブル)

これが選手の能力を引き出す、能力を発揮させるということですよね。まあ、ほとんどの指導者はこういう事実を知ろうとしていませんし、選手というのは精神的に追い込んでこそ強くなると思い込んでる場合が多いですよね。そのおかげで多くの選手は持っている能力を出し切れていないという現実があるわけです。せっかくですから指導者にヤイヤイ言われたり、指導者に怒られた時のパフォーマンスがどうなるのかも検証してほしいくらいですけど…。まあ、そんなことも言ってられないのでこういう検証結果があるということくらいは知っておいてほしいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【育成選手としてどう戦う?】黒田響生選手へ
  2. 《バッティング》あることを変えたら絶好調!
  3. 噂の新外国人の評価が低いようだが…
  4. オリックス・安達了一選手が教える守備の奥義とは?
  5. 【ビリー・リプケン氏から学ぶ】良いタッグと悪いタッグの違いとは?

関連記事

  1. フィジカル

    【肩の力を抜くにはどうすればいいのか?】直接操作ではなく間接的に!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。「肩の力を抜け!…

  2. フィジカル

    ご自分の体と向き合っていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。オリックスからM…

  3. フィジカル

    小学生の持久力トレーニングについて

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。この時期はトレーニング…

  4. フィジカル

    史上最高のアスリートから学ぶトレーニングと食事

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、少しだけ紹…

  5. フィジカル

    野球界では強化指定選手に選ばれることは喜ばしいことである

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。こんなコラムがあ…

  6. フィジカル

    少年野球は少年サッカーから体づくりを学ぶべきである。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。僕自身は常に少年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【(WBC)日本vs.オランダ】勝負の明暗を分けたのは…
  2. マインド

    野球選手なら初詣でこれをやってみて下さい。
  3. バッティング

    【フライボールレボリューション】あの中村紀洋氏がバッターに伝えていることは…
  4. マインド

    【自分が決めたことをしっかりとやれるかどうか】あなたはどうですか?
  5. マインド

    野球の神様はあなたに罰を与えません。
PAGE TOP