バッティング

クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日はMLBのオールスターゲームがあったんですけど、その試合を解説していたウォーレン・クロマティ氏が面白いことを言っていましたので紹介させていただきます。

(バッターは)ミットに入るまでボールをしっかりと追え。若い選手へのアドバイスは見逃す時でもしっかりとボールをミットに吸い込まれるまで最後まで見届ける。キャッチャーがピッチャーにボールを返すその球筋を見るのもクセにしろ。とにかく常に目はボールを追うというクセをつけさせる。それが大事だ。

このクロマティ氏の言葉は非常に大切なことを教えてくれていると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. バックアップがチームを救う
  2. 第28回WBSC・U-18ベースボールワールドカップはアメリカの優勝で幕を閉じま…
  3. 【広島東洋カープ・丸選手本人が語る】好調の理由とは?
  4. ボールを捕るときにジャンプをすると目線がブレない。
  5. メカニズムとセンスのバランスはとれていますか?

関連記事

  1. バッティング

    【バッティング】スイングする時、軸足に体重は残ってない?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。松井秀喜氏が伝え…

  2. バッティング

    二冠王のプロ野球選手もプロに入ってバッティングの構えはこれだけ変化している

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。バッティングとい…

  3. フィジカル

    小学生の時にやっておかなければいけない事がある。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昔から小学生にトレーニ…

  4. フィジカル

    野球界では強化指定選手に選ばれることは喜ばしいことである

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。こんなコラムがあ…

  5. バッティング

    【3年前から始まった丸ノート】果たしてその内容は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。1ヶ月くらい前に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    【知っておいて損はない】脳の性質とは?
  2. フィールディング

    【世界一の捕手であるヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】強いチームのキャッチャーと…
  3. バッティング

    私が考える究極のバッティングフォームを持つ男とは?
  4. マインド

    野球の神様はいつも何かを教えてくれている
  5. バッティング

    【ついに、あの番組が…】西川龍馬を取り上げた!
PAGE TOP