バッティング

クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日はMLBのオールスターゲームがあったんですけど、その試合を解説していたウォーレン・クロマティ氏が面白いことを言っていましたので紹介させていただきます。

(バッターは)ミットに入るまでボールをしっかりと追え。若い選手へのアドバイスは見逃す時でもしっかりとボールをミットに吸い込まれるまで最後まで見届ける。キャッチャーがピッチャーにボールを返すその球筋を見るのもクセにしろ。とにかく常に目はボールを追うというクセをつけさせる。それが大事だ。

このクロマティ氏の言葉は非常に大切なことを教えてくれていると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 今の野球界で最も差が出るものだからこそ…
  2. 【4年連続200安打を達成!】アルトゥーベ選手のバッティングを切り取ってみる
  3. じっとしてても180キロの打球は打てるようにはならない【180キロの打球を打てる…
  4. 単なる遊びが実は良い練習だったりする。【野球選手も参考にしてほしい】
  5. 海外の野球少年たちはこんな守備練習をしている。

関連記事

  1. バッティング

    二冠王のプロ野球選手もプロに入ってバッティングの構えはこれだけ変化している

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。バッティングとい…

  2. バッティング

    保護中: 【衝撃の事実】あなたはストライクゾーンを知らない!(パスワードは今日のLINE@で!)

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. バッティング

    MLBを代表するバッターであるマイク・トラウト選手の感覚とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。Aロッドの愛称で…

  4. フィジカル

    背面キャッチをやってみた【野球選手としてプレーの精度を高めるためには…】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。久しぶりにキャッ…

  5. バッティング

    キャッチャーが見失ってしまうほどのスイングをする高校生。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日刊スポーツの写…

  6. バッティング

    MLBで696本塁打を放った男のスイング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。土曜日の瞬達塾に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ピッチング

    世界一のピッチャーの野球に対する姿勢をご覧あれ!
  2. ピッチング

    保護中: 速いボールを投げるための脳の使い方【パスワードは1月31日のBBB通信…
  3. ピッチング

    あのピッチャーが登板日の前日に行っている事とは?
  4. フィールディング

    井端コーチが言ったとされる「ゴロは右足の前で捕れ」。この言葉の捉え方を間違えると…
  5. フィジカル

    あの選手が160キロのボールを投げれる理由
PAGE TOP