バッティング

クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日はMLBのオールスターゲームがあったんですけど、その試合を解説していたウォーレン・クロマティ氏が面白いことを言っていましたので紹介させていただきます。

(バッターは)ミットに入るまでボールをしっかりと追え。若い選手へのアドバイスは見逃す時でもしっかりとボールをミットに吸い込まれるまで最後まで見届ける。キャッチャーがピッチャーにボールを返すその球筋を見るのもクセにしろ。とにかく常に目はボールを追うというクセをつけさせる。それが大事だ。

このクロマティ氏の言葉は非常に大切なことを教えてくれていると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 保護中: 日本人離れのスイングをするオリックス・吉田正尚選手が影響を受けたのは……
  2. 小学生の頃に野球を教えてくれたPL学園の野球。
  3. 野球選手として成功する体質がある。
  4. 【バッターボックスに立ったとき】ピッチャーのどこを見ていますか?
  5. 内野手はゴロを捕ったら胃に持って来い?【野球選手のための守備講座】
PAGE TOP