バッティング

クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日はMLBのオールスターゲームがあったんですけど、その試合を解説していたウォーレン・クロマティ氏が面白いことを言っていましたので紹介させていただきます。

(バッターは)ミットに入るまでボールをしっかりと追え。若い選手へのアドバイスは見逃す時でもしっかりとボールをミットに吸い込まれるまで最後まで見届ける。キャッチャーがピッチャーにボールを返すその球筋を見るのもクセにしろ。とにかく常に目はボールを追うというクセをつけさせる。それが大事だ。

このクロマティ氏の言葉は非常に大切なことを教えてくれていると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 骨盤が後傾してしまうクセが改善できる?
  2. 【バッターにはタイプがある】10年連続3割30本100打点を達成したバッターの感…
  3. 【あのピッチャーが語る】使えるチェンジアップにするために…
  4. 【この夏に輝いていた一人の投手】関東No.1と言われた投手の中学時代は…
  5. 【MLB通算612本塁打のジム・トーミ氏に学ぶ】バットのヘッドの使い方
PAGE TOP