バッティング

打てるようになりければ美しく捕れるようになった方がいい

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

その昔、小学生が村田兆治氏のボールを打ち返せるのかという企画があったんですね。

そのためにまずは落合博満氏が4人の中から1人だけ打ち返せそうなバッターを選ぶシーンがあるんですが…。そこで落合氏が最初に小学生の選手たちにやらせたのがボールを捕ることだったんです。その捕り方を見ればだいたいはその選手のバッターとしてのレベルがわかるということでしょう。

これはまさにその通りだと思っていて…。多くの選手たちはバッティングのレベルを上げたいと思った時、バットを振ることから始めますが、バッターのレベルというのは実はバットを振る前にわかってしまうものなんですね。

ですから、もちろんバットを振ることも大事ですし、ボールを打つことも大事ですし、バッティング理論を学ぶことも大事だと思いますけども、そもそもの話としてボールに対する姿勢が美しくなければ伸び代はかなり少ないと思います。

まあ、本当に良いバッターというのはボールの捕り方も美しいものです。

ですから、ぜひ徹底的に鍛えてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 昨年の日米野球で話題を独り占めにしたあの選手のバッティング理論
  2. あのピッチャーが登板日の前日に行っている事とは?
  3. 世界最高のインサイドアウトはどうやって身についたのか?
  4. 練習やトレーニングにかける時間を増やすために睡眠時間を削るのはガソリンを入れずに…
  5. 【バッティング】高いボールに対しての腰の使い方
PAGE TOP