マインド

【世界最高の選手だと称えられた男が語る】最高の選手とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はMLBの試合で『これぞタッグのお手本!』というタッグがありましたので紹介しておきます。

内野手がこんなに素晴らしいタッグをしても人間の目で判断するとキャッチャーの送球のイメージが強くてセーフと判定してしまうんですね。まあ、そういう意味ではビデオ判定があると救われます。残念ながら今のところアマチュア野球にビデオ判定はありませんがこのタッグはまさにタッグのお手本ですので、ぜひ参考にしてください。

さて、では話を変えまして…

実は世界最高のサッカー選手と言われたジネディーヌ・ジダン氏と日本最高のサッカー選手と言われた中田英寿氏が対談している動画があったんですが、その中で淡々と語るジダン氏の言葉を聞いてみてください。

ジダン氏はもちろんサッカー選手の話をしているので野球選手は気にしてもらわなくても結構なんですが一応紹介しておきます。

「彼(リベリ)はプレーする時に理屈で考えたりしません。他の選手と違って子供のように自然にプレーします。理屈ではなく感性でプレーするのが最高の選手です。」

「(感性でプレーできる選手になるためには持って生まれたものが必要なのか?練習を積み重ねた結果なのか?と聞かれて…)両方だと思います。やはり持って生まれた才能は必要です。プロになりたい人はたくさんいますが、誰でもなれるわけではありません。もし、プロになれるだけの才能があれば、練習でその才能を伸ばさなければいけません。私も現役時代は本当にたくさんの練習をしました。もちろん才能に恵まれていましたが努力を怠ったことはありません。リベリもこの4年間、非常に練習し、フランスを代表する選手になりました。練習の積み重ねが彼を成長させたのです。」

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 何が正しいのかを判断する前に…。自分の体に聞いてみたことはありますか?
  2. このドリル、親子でやると楽しいでしょうね^^
  3. 【圧倒的な内野手になるために…】技術は磨いてますか?
  4. 自分にとってベストのリード幅を作ろう!
  5. 話題の『瞬達めがね』が教材になりました!
PAGE TOP