バッティング

【日本人右打者歴代2位】その選手のバットコントロールを磨いたのは丸太?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今シーズン2000本安打を達成した内川聖一選手。今日現在(2018年6月6日)の通算成績が6517打数2006安打で打率.308という数字は日本人の右打者では落合博満氏についで高い数字なんですね。

その内川選手が「僕に敵うやつはいないでしょ」と自信を持つバッティング技術というのが右方向へヒットを打つ技術なんですね。まあ、要するに彼は誰にも負けないバットコントロールを持っているわけですが、それは高校時代の映像を見ても感じられますね。

残念ながらこの試合はノーヒットだったんですがこの時からバットの扱い方の巧さが目につくんですが…。では、彼のバットコントロールを磨いたのはどんな練習だったのかというと、それは『丸太打ち』だったそうです。そのことについて語られている動画がありましたので、今日はその動画をご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ピッチャーに錯覚させる一塁走者のリードの仕方とは?
  2. あのプロ野球選手たちが中学時代に対戦していた!
  3. 【ライオンズの橋上コーチから学ぶ】あの選手の年俸が倍増した理由
  4. 【プホルス選手のバッティング理論から考える】選手のための指導とは?
  5. 【ゴールドグラブ賞を3回受賞した男から学ぶ】壁を使った野球上達法!
PAGE TOP