バッティング

ある女性がメジャーリーガーたちにバッティング理論を語らせている…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

なんという女性なんでしょうか…

彼女の名はSande Charles。

彼女がアメリカでどういう存在なのかはわかりません。わからないんですが私たちにとってはありがたい女性なんです。

というのも、この女性がすでに10人もの選手たちに打撃理論を語らせているんですよ。

ということで今日はその動画を添付しておきますので、ぜひ参考にしてください。

【エリック・ホズマー選手(左打ち)】通算成績3991打数1132安打 打率.284 本塁打127本(2017年シーズン終了時点)

【トッド・フレイジャー選手(右打ち)】通算成績3345打数820安打 打率.245 本塁打175本(2017年シーズン終了時点)

【フランシスコ・リンドーア選手(両打ち→動画は左打ち)】通算成績1645打数482安打 打率.293 本塁打60本(2017年シーズン終了時点)

【ノーラン・アレナド選手(右打ち)】通算成績2758打数800安打 打率.290 本塁打148本(2017年シーズン終了時点)

【ウィル・マイヤーズ選手(右打ち)】通算成績2051打数520安打 打率.254 本塁打85本(2017年シーズン終了時点)

【マイケル・チャビス選手(右打ち)】現在出場停止処分中ですが、これからの有望選手

【オースティン・ライリー選手(右打ち)】マイナーリーガーでこれからの有望選手

【カイル・ルイス選手(右打ち)】MLB.comが発表したプロスペクトランキングで29位にランクインした有望選手

【ジェイコブ・ゲートウッド選手(右打ち)】

【カム・ギブソン選手(左打ち)】

今後も増えてくる可能性がありますので彼女はフォローしておきましょう^^

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【1994年に私が受けた衝撃】これまでの常識が壊された…
  2. 【ジャイアンツ・坂本勇人選手】彼が日本人の内野守備に対する常識を変えてくれるかも…
  3. 【内野守備】世界一の内野手はどうして育ったのか?
  4. 自分の持っている力を出すために…
  5. いつから野球を始めるのがベストなのか?
PAGE TOP