ベースランニング

【質問です】あなたはタッグアップのルールを知ってますか?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

実はプロ野球選手だからって野球のルールを完全に理解しているわけではありません。ですから、もちろんメジャーリーガーだって知らないことはあるのです。まあ、言ってみればルールを知らなくてもプロ野球選手になれるから野球は面白いんですよね。

というのもですね、実は今シーズンのMLBの試合でこんなシーンがあったんです。

1−1で迎えた5回表、一死満塁。ここでレフトフライが!

まあ、結局このプレーはチャレンジでヒットと判定されたので1点は入ったんですが、三塁走者のカスティーヨ選手はルールを知らずにレフトのグランダーソン選手が一度グラブに当ててから捕球したので帰塁してしまったんですね。

でも、実はこれは戻る必要はなかったわけです。まあ、ほとんどの野球選手はご存知だとは思いますがタッグアップ(タッチアップ)というのは一度でも野手に触れたらスタートしていいというルールになっているんですね。

まあ、何億円も稼ぐMLBの選手が知らなかったんですからこのルールを知らなかったとしても安心して欲しいんですが、タッグアップについてビル・リプケン氏とハロルド・レイノルズ氏が解説してくれていますので、ぜひ今日はタッグアップを学んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 保護中: 【内野手の基本】素手とグラブの違いを知ろう!(パスワードは3月16日[…
  2. 引きつけて打つから前で捌くへ!
  3. 2年連続二冠王に輝いた選手のスイングイメージとは?
  4. 今シーズン絶好調のあのチーム。その強さの秘密は打者たちの意識の変化にあった?
  5. 【鈴木尚広氏から学ぶ】誰も教えてくれなかった盗塁のコツ
PAGE TOP