フィールディング

【外野手の皆さん!】技術は磨いてますか?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

突然なんですが…

外野手の皆さん!『バックハンドキャッチ』や『ランニングスロー』、それから『ベアハンドキャッチ』の練習ってしてますか?

これらのプレーって内野手だけが練習しておけばいいって思っている人が結構いるみたいですけど実は外野手もこういう練習をしておいた方がいいんですね。

例えば外野手もバックハンドで捕る感覚があればこんなプレーができますよね。

そういえば内川選手もWBCでバックハンドキャッチからランナーをアウトにしていました。

もちろんバックハンドキャッチだけではなくてベアハンドキャッチも練習しておいた方がいいですね。それができればこんなプレーができるようになります。

ゴロだけじゃなくて行きすぎた時にはフライもベアハンドキャッチ^^

まあ、これだけではなくて外野手にはもちろんフェンスドリルがあってフェンスの近くのプレーをどうするかを知っておかないといけません。で、フェンスに当たって跳ね返ってくる打球。いわゆるリバウンドですね。このリバウンドを捕球する時というのは素手の方が速いので素手で打球を処理するケースがあります。こんな感じですね。

ですから、もちろん外野手も素手でボールを捕るという技術を磨かないといけないわけです。

そしてランニングスローですね。

そんなシーンはもちろんほとんどありませんが、それができればこういうプレーが可能になります。

MLB Venezuelaさん(@mlbvenezuela)がシェアした投稿

ですから、外野手だからといってあぐらをかくのではなく、外野手だからこそこういう技術を身につけていってほしいなと思います。MLBにはジャンピングスローをしてしまう外野手もいるくらいですからね^^;

あっ!そういえばさっき快速ビリー・ハミルトン選手がこんなプレーをしていましたよ。

まあ、参考まで。

では、また。

※もし、本当に技術を磨きたければコチラの教材をどうぞ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【日本野球の強さ】大事な試合で勝つために…
  2. 【ベイスターズ・山崎康晃投手に学ぶ】ピッチャーの仕事とは?
  3. 一塁駆け抜けのルール
  4. 野球の指導者として一番大事なものは…
  5. キャッチャーフライのコツとは?
PAGE TOP