バッティング

あなたのスイングを変えてくれるネットドリル

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

以前も紹介したことがあるんですが…
※ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?|ベースボールバイブル・オフィシャルブログ

MLB Networkの中でネットドリルの話がされていたのでここでも紹介しようと思います。

まず、インパクトの時のトップハンド側の肘の角度の話なんですが…

左側の画像のトップハンド側の肘の角度は鋭角に見えますよね?対して右側の画像の肘の角度は伸びているというか鈍角になっているように見えます。この2つの画像、どちらがホームランを打った時の画像かというと左側なんですね。

このようにホームランを打った時のトップハンドの肘の角度というのは鋭角になっていることが多いそうです。でも、多くの選手は右側の画像のスイングのようにトップハンド側の肘の角度が鈍角になってしまうんですね。それは要するにロングスイングになってしまっているということなのでそういう選手はネットドリルに取り組んでみてはいかがでしょうかということで、この動画をどうぞ。

まあ、実際に今の時代はロングスイングをしている選手が多いので、このネットドリルに取り組んでロングスイングからクイックスイングになればいいなとは私も思います。あっ!ロングスイングとクイックスイングの違いはこちらの動画を参考にしてください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 別格。だからこそ厳しく!【吉田選手のバッティングについて】
  2. 【小久保裕紀氏に学ぶ】チームを強くした伝統とは?
  3. 【打つのも、投げるのも】壁に対する考え方を変えてみる
  4. やっぱり、こういう選手は魅力がありますね
  5. 【センター前タイムリー!】その時、ゴードン選手は?

関連記事

  1. バッティング

    【西武ライオンズの水口選手から学ぶ】12球団で最も小柄な選手のスイング哲学

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。12球団で最も小…

  2. バッティング

    あなただけのフラットスイングを見つけてください。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。MLBで本塁打王…

  3. バッティング

    引きつけて打つから前で捌くへ!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ワールドシリーズ…

  4. バッティング

    【すでに3度の首位打者に輝いたアルトゥーベ選手】彼が構える前にやっている事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。いや〜、さきほど…

  5. バッティング

    【秋山幸二氏が語った】本当に凄かったバッターは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。西日本新聞の記事…

  6. バッティング

    長嶋茂雄氏×王貞治氏

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。【長嶋茂雄氏×王…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    トップアスリートたちが食べていたものとは?
  2. ベースランニング

    【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる
  3. バッティング

    彼らがバットを振れる理由
  4. バッティング

    あの坂本勇人選手がZeppを使っていた!
  5. バッティング

    【もしかするとあなたは…】自分のバッティングをわかってないんじゃないですか?
PAGE TOP