バッティング

【バッターにはタイプがある】10年連続3割30本100打点を達成したバッターの感覚とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日、イチロー選手がマリナーズと契約して早速オープン戦に出場していたんですが…

今年は左手首をかなり背屈させて構えていました。

過去にも背屈して構えていたことはあるんですが…

基本的にはこんな感じなんですよね。

まあ、結構背屈させてるなと感じただけなんですが…^^;

話は変わりますがトップハンドを背屈させて構えるバッターの代表といえばプホルス選手だと思うんですね。

で、今日はそんな彼のバットを出し方のイメージをご紹介しようと思います。

これは世界トップレベルのバッター同士(マグワイア583本塁打、プホルス614本塁打)が話している貴重な動画なんですが、ここでプホルス選手が自身の感覚を話しています。

この会話の中でこんなことを言っていますよね。(これはイメージです)

まあ、強い打球を打つための一つの秘訣ですね。

でも、もちろんこの技術は誰にでもできるわけではないですし、誰にでも合うわけではありません。簡単に説明するとプホルス選手というのはどちらかというと手を動かすタイプのバッターだということです。まあ、もちろんそうじゃないタイプのバッターがいるのも事実で、例えば肘を動かすタイプのバッターもいますよね。

これはどちらが良いとかっていう話ではありません。バッターにはそういうタイプがいるということです。ですから、バッターとして生きていくのであれば自分はどちらが打ちやすいかぐらいは知っておいた方がいいと思いますし、指導者であるならば手に意識のある選手に肘のことを言ってしまうとグチャグチャになって、肘に意識がある選手に手のことを言ってしまってもグチャグチャになる事があるということくらいは知っておいた方がいいでしょう。もちろんハマる(打つようになる)時もありますけどね。それがあるから野球は怖いんですが…^^;

まあ、バッターにはタイプがあるということです。そういうことを知ったり、見極めたりっていうのも大切なスキルだと思います。もちろん信念を持ってバッティングを作り上げていくことは素晴らしいことですが、頭が凝り固まってしまうのも問題があるように思いますので…

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 日本野球の守備に問題があるのはもう分かった。だったら次のレベルに進もう!
  2. 【ビル・リプケン氏から学ぶ】打者を抑えるための配球理論とは?
  3. 【落合博満×吉田正尚】バッティングに対する思考の違いとは?
  4. 自分を知るのは当たり前。その上で…
  5. あなたは2人の大打者が同じスイングをしていたって知ってましたか?
PAGE TOP