バッティング

【近い将来】ブレイク必至のこの選手(※要注目)

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

打っているから良いバッターに見えるのか…

打っていなくても良いバッターに見えるのか…

その辺は微妙なところですが、今、このバッターが良いバッターに見えます。

千葉ロッテの中村奨吾選手です。

この中村選手、「どこかで見たことあるな〜」と思ったら彼は天理高校出身で私の母校である敦賀気比高校と2010年のセンバツの開幕戦で戦ってたんですね。

この試合では彼は確かノーヒットだったと思いますが、そのスイングは非常に素晴らしいものでした。その中村選手が高校卒業後、早稲田大学に進学して千葉ロッテマリーンズに入団。その千葉ロッテでは1年目から1軍の試合に出て、今年で4年目になるんですね。

昨年(2017年)の打撃成績は280打数77安打で打率が.275で出塁率が.336。本塁打は9本で長打率が.432。OPSは.768。しかも打つだけではなくて盗塁も11個。

このように、実は中村奨吾選手はトリプルスリーも狙える素材なんですね。

そこで今日は彼のスイングを見てみましょう。

ご覧の通り、彼の凄さは全方向にホームランが打てることです。それから音が良いですよね。バットに当たった時の音が強打者の音です。

それから足ですね。平沢選手と走っているのを見ると彼のスピードがよくわかります。

そして、守備は今年からコーチに就任された鳥越コーチに鍛えられ…

2020年には東京五輪で侍ジャパンのセカンドを守っている可能性もありますね。っていうか、ここ数年の日本の二塁手のレベルの高さがスゴいです。菊池選手、山田選手、浅村選手、そしてこの中村選手ですからね。日本代表に選ばれるのも大変です。

まあ、それでも個人的にはこの数年で大ブレイクするのがこの中村奨吾選手だと思っていますので、ぜひ注目してみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 日本野球界屈指のランナーの盗塁理論
  2. 第28回WBSC・U-18ベースボールワールドカップはアメリカの優勝で幕を閉じま…
  3. 高卒1年目の選手が課題に立ち向かう姿を、どうぞ。
  4. 【考える野球】ところで選手たちは考えられるほど野球を知ってますか?
  5. クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』

関連記事

  1. バッティング

    ホームランを打つための4つの条件とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。どうすればホーム…

  2. バッティング

    クリス・ブライアント選手の無駄のないスイング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨年のナ・リーグ…

  3. バッティング

    【想像を絶する大活躍】小さい選手が打てる理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。各地で高校野球が…

  4. バッティング

    MLBを代表するバッターであるマイク・トラウト選手の感覚とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。Aロッドの愛称で…

  5. バッティング

    【松井秀喜氏が教える】ホームランの打ち方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は松井秀喜氏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    野球選手の能力を引き出すためにラミレス監督が考えている事とは?
  2. フィールディング

    キャッチャーはキャッチャー練習だけしていてもダメだ!
  3. バッティング

    あの選手がバットの軌道を変えた理由
  4. ピッチング

    【野球界でよく使われる言葉ですが…】タメって何ですか?
  5. フィールディング

    MLBドラフト全体1位の選手が教えるフレーミング技術とは?
PAGE TOP