フィジカル

【映画『マトリックス』に学ぶ】速く動く方法

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

映画『マトリックス』をご覧になったことはあるでしょうか?

この映画の中でキアヌ・リーブス演じるネオが自分の能力に気づいて覚醒していくシーンがあるんですが、そのシーンがこれから覚醒していこうとする野球選手に役に立ちそうなので紹介します。

まず、まだ何も知らない時。ネオは自分が持っている力を精一杯使って必死に速く動こうとします。そうやって必死に速く動こうとするネオにモーフィアスがこんなことを言うんです。

「どうしたんだ?もっと速いはずだぞ。頭で考えるな。(速いと)知るんだ。私を撃とうとするな撃つんだ!」

そうしてやっとネオは速く動くコツを掴むんですね。要するに「速く動かないと…」と思っているうちは速く動けるようにはならなくて、「自分は速く動ける」と知ることができれば速く動けるようになるということです。

これをバッターに置き換えてみると「速いスイングをしよう」と思っているうちは速いスイングはできなくて、「自分は速いスイングができる」と知ることができれば速いスイングができるようになると考えられます。そして、ピッチャーから投げられたボールを打とうと思ってしまうその邪念が打席での一瞬の遅れを生むとも考えられます。ですから、もしかすると野球選手も練習の中で邪念を捨てる練習をするといいのかもしれません。打とうと思わずに打つ。難しそうですね^^

まあ、ぜひ、そのシーンを見てください。

そして覚醒。

あなたも覚醒できるといいですね^^

では、また。

ー追伸ー

今は199円でマトリックスが見れるそうです。Blu-rayは954円。お得ですね^^;

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. あのメジャーリーガーが大切にしているのはティーバッティング!でも、打席に立つと……
  2. 外野手のスローイングの精度が低い根本的な理由とは?
  3. 保護中: 【守備のセンスを磨くために】まず、やるべき事とは…(パスワードは3月2…
  4. 練習に取り組む姿勢とは?
  5. 【海外の練習から学ぶ】動ける外野手になるための練習とは?
PAGE TOP