フィールディング

【内野守備】あなたは『一文字』or『ハの字』?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ここ最近、日本でも内野手の守備というのは「しっかりと捕球する」よりも「アウトにする」ことが大事なんだとよく聞くようになってきました。で、実際にそういう意識で守備をしてみると様々な技術が必要になってくることに気づくと思うんですが、今日はその技術を磨く前の段階である「そもそも」の話をしてみたいと思います。

全部の打球をアウトにしてやろうという強い気持ちで守っていると、やっぱり色々なボールの捕り方ができなければいけません。ですが、その前の段階であるボールへの入り方について考えたことはあるでしょうか?

もちろん、これは打球のスピードにもよるんですがボールへの入り方の意識としては守れない内野手ほど『一文字』の意識で守備をするんですね。

ところが守れる内野手。要するにたくさんのアウトをとってくれる内野手ですね。そういう内野手というのは『ハの字』の意識で守備をします。

これは捕ったり投げたりという部分だけを見ていたら気づけない部分です。でも、実際にグラウンドを上から見てみると内野手としての守備にこれだけの差が出るんですね。

ぜひ、このシモンズ選手の守備を見てください。

あの青木選手がボテボテの三遊間の打球でらくらくアウトになるほど攻めた守備をしているのがシモンズ選手なんですね。

こっちのリンドーア選手もかなり攻めています。

まあ、こうして守れないとショートっていうポジションは任せてもらえないわけですね。

で、こうやって『ハの字』で守るという意識で守っていると『一文字』で守っていた頃とは全く違う感覚に陥ります。要するに技術がなければ守れないんですね。バックハンドにフォアハンド、それにもちろんベアハンドも…。それからスローイングはランニングスローにジャンピングスローですね。これらを使いこなせない選手には『ハの字』の守備をすることはできません。特に技術が必要になってくるのはバックハンドです。ということで、今日はロン・ワシントンコーチにバックハンドを教えてもらってください。そして『ハの字』の守備ができるようになってもらえればと思います。

それから、もっと守備力を高めたいという選手はコチラの教材をご覧ください。今までトライしたこともなかった技術が紹介されています。これからの内野手はこの技術を磨いていかないと厳しいでしょう…

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球選手としてもっともっと成長するためには…
  2. 世界のホームラン王のバッティング理論
  3. 【甲斐選手も手本にした】あの選手が教えるキャッチャーの基本
  4. 話題の『瞬達めがね』が教材になりました!
  5. ベースボールバイブルがマネジメントを始めました。

関連記事

  1. フィールディング

    【菊池選手のこの言葉】胸に刻んでください。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。広島カープの菊池…

  2. フィールディング

    内野手はゴロを捕ったら胃に持って来い?【野球選手のための守備講座】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は野球選手の…

  3. フィールディング

    【クリケットから学ぶ】フィールディングドリル

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。クリケットの世界…

  4. フィールディング

    【カノ選手から学ぶ】バックハンドで捕ってからのスローイング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あのロビンソン・…

  5. フィールディング

    【磨いた技術をより輝かせるために】グラブを選ぶ時に考えるべきこと

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。週末は息子のグラ…

  6. フィールディング

    【内野守備】世界一の内野手はどうして育ったのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、このブログ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    野球選手は体を上手に扱えてこそ!
  2. ピッチング

    【世界一に貢献!】プレーオフで勝てなかった投手が勝てるようになった理由
  3. バッティング

    【アトランタ・ブレーブスの打撃コーチが教える】ティーバッティング
  4. バッティング

    中学時代は6番バッター?
  5. バッティング

    プリンス・フィルダー氏のバッティング感覚
PAGE TOP