ベースランニング

【一塁ランナー】牽制をもらう方法ともらわない方法

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

週刊ベースボールのコラムに通算1065盗塁は日本記録を持つ福本豊氏が面白いことを言っていました。

対戦相手もそれぞれ策を練ったが、福本が一番覚えているのが、県営宮城球場を本拠地にしていた時代のロッテ。福本がスタートする一塁ベースの先と、二塁ベース手前に砂を敷いて軟らかくしたのだ。

ただ、これではたまらんとそれを避けていると、同じリードでも外野寄りではけん制が多く、ホーム寄りでは少ない。それが投手の目には遠いほうがリードを広く取っていると感じると分かったとき、福本の盗塁技術の幅も広がった。

【プロ野球仰天伝説36】クイック誕生はこの男の“足”から。福本豊のすごすぎる盗塁術|週刊ベースボール

近年の野球界ではよく聞くようになった話(※【ピッチャーに錯覚させる一塁走者のリードの仕方とは?】|ベースボールバイブルオフィシャルブログ)ですが福本氏は現役時代からこの事実に気づいていたんですね。

ぜひ、こういう話をあなたのプレーにも生かしてもらえればと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 日米の首位打者に共通しているバッティング技術とは?
  2. 【ボビー・ディッカーソンコーチが教える】内野手の守備について
  3. ヘッドスライディングは速いのか?
  4. あのチームが秋季キャンプでやっていたキャッチング練習とは?
  5. イングランドのサッカー協会が選手育成のために作った新しいルールとは?
PAGE TOP