フィールディング

今シーズンから導入されるリクエスト。これから求められる技術とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ついに今シーズンからNPBでも導入される「リクエスト」。

そのおかげでさすがにこういうことはなくなりますよね。

ですから良いんじゃないかなと思いきや、こんな意見が出たそうです。

判定に異議がある際に監督からリプレー検証の要求が可能となる「リクエスト」については、本塁打かどうかの判断や全ての塁でのアウト、セーフの判定に対して適用されることが、NPB側から説明された。

ヤクルト・小川監督が「一番分かりにくい」と指摘したのが「セカンドのダブルプレー」だ。「一連の動作の中でこれまでやってきたけど、要求したらビデオを見るということ。それは、これからやっていかないと分からない」と持論を展開した。

例えば併殺プレーでの二塁封殺の際、二塁カバーに入った野手が一塁送球時にベースから離れるタイミングが一瞬早いように見えた場合、これまでは“流れアウト”のようにされてきたが、今後はビデオ判定でセーフとなる可能性も出てくる。「微妙なものに対してどう判断するか」と小川監督。さらに「抗議とリクエストの違いは難しい」と説明した。

楽天・梨田監督も守備側の「ダブルプレーで正確に見れば捕球の時に(塁に)足がついてない」プレーを攻撃側がリクエストした場合を想定。「そういうところまで細かく見ると野球そのものが面白くない」と指摘した。今後も併殺プレーは議論の対象となるかもしれない。

新制度「リクエスト」激論 梨田監督は危惧「細かく見ると、野球が面白くない」|デイリースポーツ

確かに昨年のWBCの準決勝でもこんなプレーがありました。

ですから、これからのセカンドの選手はよりしっかりベースを踏む技術が求められますね。

ぜひ、意識して練習するようにしてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界最高の野球選手が『世界最高』になれた理由がよくわかるインタビューです。
  2. 【日本を代表する2人の投手】その原石時代とは?
  3. 【プホルス選手のバッティング理論から考える】選手のための指導とは?
  4. アレックス・ロドリゲス氏が語るバッティング理論
  5. 【ドミニカ共和国の野球事情】彼らは野球が好きなわけではない?
PAGE TOP