フィジカル

背面キャッチをやってみた【野球選手としてプレーの精度を高めるためには…】

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

久しぶりにキャッチボールをしていたら面白くなってきて背面キャッチに挑戦してみました。

実は今、新しい教材を制作中なんですけど、野球選手というのはプレー精度を高めるために『ある能力』を徹底的に高めないといけないんですね。誤解を恐れずに言ってしまうと野球の練習というのはその能力を高めるためにやるべきだと思います。どれだけ心を鍛えても、どれだけ技を磨こうとしても、どれだけ体を強くしたとしても、この能力がなければ野球選手としてのプレーの精度は上がってこないものです。もちろん形を綺麗にしたとしてもプレー精度は上がりません。ところが残念なことにそういうことを理解して練習している野球選手っていうのは少ないような気がするんですね。ということで2月にその話をした教材をリリースしますのでどうか楽しみにしてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【MLBのコーチから学ぶ】ハンドリングの基本とは?
  2. 25年ぶりに130試合以上に出場して捕逸がわずか『2』だったキャッチャーとは?
  3. 【あの選手が語る】NPBとMLBの違いとは?
  4. 180キロ以上の打球が打てる大谷翔平という怪物
  5. 野球の守備とベースボールの守備はどう違うのか?
PAGE TOP