バッティング

あなただけのフラットスイングを見つけてください。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

MLBで本塁打王も獲ったことがあるカルロス・ペーニャ氏が『良いバッターになるためにはどうすればいいのか』と『打球の角度を改善するためにどうすればいいのか』という話をしてくれています。

動画の中でヨンダー・アロンソ選手の打ち方がベターだとおっしゃっているのでヨンダー・アロンソ選手がバッティング練習をしている動画もどうぞご覧ください。

さて、動画の中でカルロス・ペーニャ氏が話している内容ですが、彼は「アッパースイングはフォーム全体の乱れにつながり、打球はゴロになる」とおっしゃています。さらに「アッパースイングでは打球は上がらない」ともおっしゃっていましたね。

で、実はこの動画には続きがあって、その説明が非常に素晴らしいんです。というのも…

ここ数年、日本でよく耳にするのはボールの軌道から考えるとダウンスイングではミートポイントが一点になってしまうので、ボールの軌道に対してフラットにスイングしましょう。そうすればミートポイントが増えるのでボールに当たる確率は格段に上がるという話です。

そういう理屈から最近ではアッパースイング気味に振る選手が増えているわけですが、カルロス・ペーニャ氏はそのアッパースイングというのはミートポイントが一点になる打法だと伝えているんですね。

こういう観点から考えても野球選手というのは本当にフラットなスイングというのを探し続けなければいけないのかもしれません。その感覚というのは人それぞれだと思いますので、ぜひ、あなただけのフラットスイングというのを身につけて欲しいなと思います。意外と信じられない感覚だったりするかもしれませんよ。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 身体のキレとは?身体能力とは?
  2. ランナーが一塁にいる時に左中間を抜ける打球が飛んだら野手はどう動きますか?
  3. 野球選手なら初詣でこれをやってみて下さい。
  4. 【二塁手必見!】この動きを徹底的に身につけましょう
  5. 【問題です】この野球少年たちはのちにどんな野球選手になったでしょうか?

関連記事

  1. バッティング

    【あの大打者が語る】バッターがやるべき練習とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。1997年の映像…

  2. バッティング

    ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日はロビンソン…

  3. バッティング

    《バッティング》あることを変えたら絶好調!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン、ここ…

  4. バッティング

    あのピート・ローズ氏が最高の練習だと言っているのは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。MLBの歴史の中…

  5. バッティング

    イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。細かい事を言い出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ピッチング

    サイ・ヤング賞を5回受賞した大投手のレッスンとは?
  2. 未分類

    昨年末に新しい教材をリリースさせていただきました。
  3. ピッチング

    超強豪校がずっと勝ち続けている理由はピッチャーの…
  4. バッティング

    【ワールドベースボールクラシックで見えてきた】強打を誇るチームの打球傾向
  5. ベースランニング

    【プロ野球選手の走塁ミスに学ぶ】帰塁のルールとは?
PAGE TOP