コーチング

ドミニカ共和国の選手たちが行っている練習メニュー

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ドミニカ共和国の選手たちが行っている練習メニューがありました。

ラダートレーニング、ゴロ捕球、トスバッティングなど、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 強烈なリーダーシップを持つ男に注目!
  2. プロ野球で176勝をしたピッチャーのコマンド能力
  3. 25年ぶりに130試合以上に出場して捕逸がわずか『2』だったキャッチャーとは?
  4. 【上手い外野手とそうでない外野手の違い】後ろの飛球の追い方とは?
  5. 良いバッターはやっぱりバッティング練習から違う…

関連記事

  1. コーチング

    なかなか見れない指導者としての、この姿勢。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨年、引退された…

  2. コーチング

    スプリングトレーニングで気になった動画をピックアップしてみました。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すでにツイッター…

  3. コーチング

    野球選手としての本能を大切にしていたんだろうなと感じる動画。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。これは僕個人が勝…

  4. コーチング

    ルディ・デュランコーチに学ぶ【アスリートの育て方】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球選手にとって…

  5. コーチング

    数々の名選手を育てた名指導者の考え方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。数々の名選手を育…

  6. コーチング

    人間の1歩はそんな変わらない。それでも…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。実は2012年に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ベースボールIQ

    【あの選手のトリックプレーから学ぶ】ランナーは意外とボールの位置を把握していない…
  2. バッティング

    【(WBC)日本vs.オランダ】勝負の明暗を分けたのは…
  3. バッティング

    【想像を絶する大活躍】小さい選手が打てる理由
  4. フィールディング

    ワンランク上の選手になるための『キャッチボール論』
  5. フィジカル

    練習やトレーニングにかける時間を増やすために睡眠時間を削るのはガソリンを入れずに…
PAGE TOP