フィジカル

ミスショットを減らしてヒットを量産する方法

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

瞬達めがねの話を聞きに行った時に川端先生が「フェデラーの眼の使い方が素晴らしいんだよね」と言うんですね。どう素晴らしいのか聞いてみると「フェデラーはインパクトの瞬間まで眼でボールを追っている」って言うんです。

まさか!ですよね。

動いているボールを打つときって普通はこんな感じです。

これは子供も大人も変わりません。だいたいこうです。

ボールはそれなりのスピードで動いているわけですから眼では追いきれないんですね。

もちろんこれはテニス選手だけではなくて野球選手もそうです。

ところがですね、フェデラー選手だけは何枚画像を見ても確かにボールを追ってるんです。

これがフェデラー選手が正確にショットを打てる理由だというわけですね。

こういう眼の使い方ってどれだけ素振りをしても身につくものではありません。

こういう事を理解してこういうことが出来るようになる練習をしなければいけないわけです。

それを教えているのが『瞬達めがね』なので、ぜひ、瞬達めがねを使ってミスショットを減らす眼の使い方を身につけてほしいなと思います。

【↓画像をクリック!】

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. あの世界的プレイヤーがもっとやっておけば良かったと思っている事とは?
  2. 外野手がよく言われる「先に下がれ!」とは?
  3. 【上手い外野手とそうでない外野手の違い】後ろの飛球の追い方とは?
  4. 【ソーシャルファシリテーション】社会的促進を利用した上達法とは?
  5. 【カノ選手から学ぶ】バックハンドで捕ってからのスローイング
PAGE TOP