フィールディング

【日本とアメリカ】スローイングの時によくある違いとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

以前、ナイショのベースボールバイブルで紹介させていただいたんですが…

ソフトバンクホークス・川崎宗則選手のスローイングに注目してほしいんです。

実は日本にいた時の2007年とアメリカから帰ってきた2017年ではスローイングの仕方が変わってるんですね。

簡単に言ってしまうと左腕の使い方が違います。

見てみると2007年は左手が胸にあって、2017年は投手のように左腕を使っているのが分かりますよね。

実はこれ、日米のダブルプレーの時にもよく見る違いなんです。

ぜひ、ショートの選手の左腕に注目して見てください。

日本の選手は左腕はほとんど使わずにスローイングしているのがわかると思います。

では、次にメジャーの選手を見てみましょう。

もちろんメジャーにもいろんな選手はいるんですが、このように左腕を投手のように使って(要するにしっかりと割れを作って)投げている選手が多いんですね。

この辺のスローイングに対する考え方の違いがスローイングの強さの違いになっているのかなと思ったりもします。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【簡単に信じない】だって9割は嘘だから…
  2. 100回大会に現れた素晴らしいピッチャー
  3. 投げる事と真剣に向き合ってきたアスリートが日本人に伝えている事とは?
  4. 強いチームには良い空気が流れている。
  5. あなたはストライクゾーンを知っていますか?

関連記事

  1. フィールディング

    外野手がよく言われる「先に下がれ!」とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。外野手が後方のフ…

  2. フィールディング

    【キャッチャーの送球】プロとアマの違いとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、スポーツ内…

  3. フィールディング

    【世界一の遊撃手であるアンドレルトン・シモンズ選手から学ぶ】内野手としての意識

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日の試合でオラ…

  4. フィールディング

    2000本安打を達成した荒木選手に贈った落合氏の言葉

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、プロ野球の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ベースボールIQ

    【アレックス・ロドリゲス氏がブレグマン選手にインタビュー】その打ち方とは?
  2. フィールディング

    【32億円の男から学ぶ】スピードや強さがなくてもトップでいれる理由
  3. バッティング

    【打つのも、投げるのも】壁に対する考え方を変えてみる
  4. ベースボールIQ

    【ライオンズの橋上コーチから学ぶ】あの選手の年俸が倍増した理由
  5. バッティング

    世界のホームラン王のバッティング理論
PAGE TOP