フィールディング

【日本とアメリカ】スローイングの時によくある違いとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

以前、ナイショのベースボールバイブルで紹介させていただいたんですが…

ソフトバンクホークス・川崎宗則選手のスローイングに注目してほしいんです。

実は日本にいた時の2007年とアメリカから帰ってきた2017年ではスローイングの仕方が変わってるんですね。

簡単に言ってしまうと左腕の使い方が違います。

見てみると2007年は左手が胸にあって、2017年は投手のように左腕を使っているのが分かりますよね。

実はこれ、日米のダブルプレーの時にもよく見る違いなんです。

ぜひ、ショートの選手の左腕に注目して見てください。

日本の選手は左腕はほとんど使わずにスローイングしているのがわかると思います。

では、次にメジャーの選手を見てみましょう。

もちろんメジャーにもいろんな選手はいるんですが、このように左腕を投手のように使って(要するにしっかりと割れを作って)投げている選手が多いんですね。

この辺のスローイングに対する考え方の違いがスローイングの強さの違いになっているのかなと思ったりもします。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【日本一の二塁手から学ぶ】スーパープレーができる理由
  2. あの安打製造機が語るバットコントロールとは?
  3. 【西武ライオンズの水口選手から学ぶ】12球団で最も小柄な選手のスイング哲学
  4. 補殺記録を塗り替える内野手は現れた!次は刺殺記録を塗り替える外野手が出てきてほし…
  5. 【6年前にドラフト指名を受けたあの選手が…】今シーズンはショートでここまで失策0…
PAGE TOP