フィジカル

あの選手が160キロのボールを投げれる理由

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

以前、紹介したんですが18歳でショートから160キロのスローイングをするブレイズ・アレクサンダー選手を覚えているでしょうか?

【世界は広い!】18歳で160キロのスローイングをする選手(ベースボールバイブル・オフィシャルブログ)

このようにえげつないボールを投げる選手なんですがやっぱり素晴らしい身体能力の持ち主なんですね。ぜひ、この跳躍力をご覧ください。

🔑 is Explosiveness.. 🐰's 🔥⚾️#AllTheWayUp #2theTop #OverTheMonster #12plates

Blaze Alexanderさん(@blazealexander52)がシェアした投稿 –

強いボールを投げられるのはこういう身体能力があるからなんですね。

もちろんそれは打つことに関しても同じだと思います。

ですから、こういう部分ともしっかり向き合っていきたいですね。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 井端コーチが言ったとされる「ゴロは右足の前で捕れ」。この言葉の捉え方を間違えると…
  2. 強すぎて面白くないと言われるほどのチームを作った男の人材活用法
  3. 『そうする』のではなくて『そうなる』もの
  4. 打者として追求し続けることは…
  5. 野球が上手くなるための身体と脳の使い方
PAGE TOP