マインド

今の野球界で最も差が出るものだからこそ…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

最近放送されたテレビ番組で菊池雄星投手や今宮健太選手がキャッチボールの大切さを話されていました。

今宮選手は今年で退団する鳥越コーチにいろんな事を教わってきたそうですが、その中でも一番覚えているのはキャッチボールであるとおっしゃっています。

26歳という若さでゴールデングラブ賞をすでに5回も受賞している今宮選手ですが、鳥越コーチにキャッチボールを教えてもらってから自分の全てが変わった、と。今年になってようやく自信を持てたスローイングもそのキャッチボールがあったからだし、この8年間で最も成長したのがスローイングである、と。

それだけキャッチボールというのは大切ですし、それこそ終わりのないものなんですね。『バッティングには終わりがない』というのはよく言われますが、キャッチボールにも終わりはないように思います。いや、一つの失敗が命取りになることを考えるとキャッチボールの方が終わりはないとも言えるかもしれません。

ただ、近年の傾向から言うとスローイングに対しては口うるさく言われない傾向にあります。あまり言い過ぎると投げられなくなる選手が出てくるからでしょうか。

でも、だからといっていい加減に投げていいというわけではありませんよね。言われないからこそ、その取り組み方が大事になってくるように思います。

あの田中将大投手はキャッチボールの時から相手のミットに寸分違わず投げることに徹底してこだわっているそうです。そういう意識でキャッチボールをしているからこそ自分の形が見つかるのかもしれません。※【田中将大投手から学ぶ】キャッチボールで意識している事とは?

今の野球界で最も差が出るスローイングの精度。だからこそ、この冬の間にレベルの高いキャッチボールができるようになってほしいなと思います。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【MLB開幕】メジャーリーガーたちが使うグリップテープ&トラウト選手のバッティン…
  2. 【器・手塩・針金】選手はこうして育成する
  3. 保護中: フェデラー選手の凄さとは?【パスワードは2月6日のBBB通信で】
  4. やる気に関する話です。【野球選手なら聞いてください】
  5. 内野守備ドリル

関連記事

  1. マインド

    【引退される山口鉄也投手から学ぶ】能動的な野球選手でいよう!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。なんと……

  2. マインド

    ロビンソン・カノ選手から日本の野球少年たちへのメッセージ

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あのロビンソン・…

  3. マインド

    【この夏に輝いていた一人の投手】関東No.1と言われた投手の中学時代は…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今年の高校野球で…

  4. マインド

    【ドミニカ共和国の野球事情】彼らは野球が好きなわけではない?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。チラッとインスタ…

  5. コーチング

    【磨くとは?】あなたは磨いてますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は朝からカー…

  6. コーチング

    世界で勝てなかったチームを世界で勝たせたのは選手の個性だった

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。実は、知人から「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【2018シーズン無失策だった選手から学ぶ】現代の野球選手に求められている事とは…
  2. コーチング

    【お前たち最高だぜ!】監督のイメージチェンジが選手の能力を発揮させた?
  3. バッティング

    あの安打製造機が語るバットコントロールとは?
  4. マインド

    野球選手として成長するための時間の使い方とは?
  5. ピッチング

    【田中将大投手から学ぶ】キャッチボールで意識している事とは?
PAGE TOP