マインド

今の野球界で最も差が出るものだからこそ…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

最近放送されたテレビ番組で菊池雄星投手や今宮健太選手がキャッチボールの大切さを話されていました。

今宮選手は今年で退団する鳥越コーチにいろんな事を教わってきたそうですが、その中でも一番覚えているのはキャッチボールであるとおっしゃっています。

26歳という若さでゴールデングラブ賞をすでに5回も受賞している今宮選手ですが、鳥越コーチにキャッチボールを教えてもらってから自分の全てが変わった、と。今年になってようやく自信を持てたスローイングもそのキャッチボールがあったからだし、この8年間で最も成長したのがスローイングである、と。

それだけキャッチボールというのは大切ですし、それこそ終わりのないものなんですね。『バッティングには終わりがない』というのはよく言われますが、キャッチボールにも終わりはないように思います。いや、一つの失敗が命取りになることを考えるとキャッチボールの方が終わりはないとも言えるかもしれません。

ただ、近年の傾向から言うとスローイングに対しては口うるさく言われない傾向にあります。あまり言い過ぎると投げられなくなる選手が出てくるからでしょうか。

でも、だからといっていい加減に投げていいというわけではありませんよね。言われないからこそ、その取り組み方が大事になってくるように思います。

あの田中将大投手はキャッチボールの時から相手のミットに寸分違わず投げることに徹底してこだわっているそうです。そういう意識でキャッチボールをしているからこそ自分の形が見つかるのかもしれません。※【田中将大投手から学ぶ】キャッチボールで意識している事とは?

今の野球界で最も差が出るスローイングの精度。だからこそ、この冬の間にレベルの高いキャッチボールができるようになってほしいなと思います。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【明日の18時30分】京都に来れる方はいませんか?
  2. あの坂本勇人選手がZeppを使っていた!
  3. 【あらあら差し込まれてますね…】スイング時間の事って考えた事はありますか?
  4. 広岡達朗氏の守備を開眼させたドン・ブレイザーの守備に対する姿勢
  5. 盗塁のスタートを良くするための反応練習法とは?

関連記事

  1. コーチング

    今、野球人に読んで欲しい一冊。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。実は昨年の1月ぐ…

  2. マインド

    きっと人間性が超一流だったから野球選手としても超一流になれたのではないでしょうか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。このブログでもプ…

  3. フィールディング

    2000本安打を達成した荒木選手に贈った落合氏の言葉

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、プロ野球の…

  4. マインド

    本田圭佑選手のツイートから学ぶ

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本を代表するプ…

  5. マインド

    【スティーブ・ジョブズの言葉から学ぶ】野球選手にとって大切な考え方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。故スティ…

  6. マインド

    強いチームには良い空気が流れている。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。文春オンラインに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    ナショナルリーグ・打率2位の打者からバッティングを学ぶ
  2. ベースランニング

    ルールが変わってからよく見るようになったスライディングとは?
  3. フィールディング

    【ゴードン選手から学ぶ】なぜ、そこにいないといけないのか
  4. バッティング

    【秋山幸二氏が語った】本当に凄かったバッターは?
  5. バッティング

    【4年連続200安打を達成!】アルトゥーベ選手のバッティングを切り取ってみる
PAGE TOP