フィジカル

トップアスリートたちが食べていたものとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はトップアスリートたちが食べていたとされるものを紹介させていただきます。

まずはウサイン・ボルト選手。

世界最速で走る男が食べていたとされるのがこれです。

それからマイケル・フェルプス選手。

世界記録を39回樹立したスイマーが食べていたとされるのがこれです。

彼がどれほどの量を食べていたのかは調べないでください…

それからアシュトン・イートン選手。

この選手を知らない人もいるかもしれませんが彼は十種競技の世界記録(9045点)を持つキングオブアスリートです。ですから世界で最も凄いアスリートはアシュトン・イートンと言っても過言ではないんですが、そんな彼が食べていたとされるのがこれです。

最後は女性アスリートであるガブリエル・ダグラス選手。

彼女はオリンピックの1大会で複数の金メダルを獲得した初のアメリカ人体操選手なんですが、そんな彼女が食べていたとされるのがこれです。

え〜っと、それからこっちの動画も面白いですね。

トップアスリートたちが戦う前に食べていたとされるものです。

ボルト選手ってチキンマックナゲットを食べてたんですね。しかも20個。

それからセリーナ・ウィリアムズ選手はNOTHINGですから食べないということでしょうか。

それからそれからジーターはパンケーキとオムレツでしたね。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【1点差で一死一、三塁】そこでショートゴロが飛んだんですが…
  2. 【二死満塁でライト前ヒット】その時、MLBの選手の判断は…?
  3. 【上手い外野手とそうでない外野手の違い】後ろの飛球の追い方とは?
  4. 【バッティング】世界で一番ヒットを打った選手が送るアドバイス
  5. 【スティーブ・ジョブズの言葉から学ぶ】野球選手にとって大切な考え方とは?

関連記事

  1. フィジカル

    すごいすごいと思っていたメジャーリーガー。でも実は…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アメリカの初優勝…

  2. フィジカル

    相反する2つの理論【柔軟性?筋力?】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。多くのプロ野球選…

  3. フィジカル

    これ、できます?【野球選手ならできてほしい!】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、ちょっと書…

  4. フィジカル

    腹筋ができなくても世界一、いや霊長類最強と言われる選手になれた。【だから腹筋をする前に…】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はこっちの話をしよ…

  5. フィジカル

    ジョコビッチの生まれ変わる食事

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。広島カープの菊池…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ピッチング

    保護中: 速いボールを投げるための脳の使い方【パスワードは1月31日のBBB通信…
  2. フィールディング

    2000本安打を達成した荒木選手に贈った落合氏の言葉
  3. フィールディング

    【MLBのコーチから学ぶ】スーパープレーは地道な練習から生まれている
  4. フィールディング

    【海外の練習から学ぶ】動ける外野手になるための練習とは?
  5. バッティング

    【日本人打者として最高の技術を持ったバッター】真っすぐ立って、真っすぐ回れ?
PAGE TOP