フィールディング

井端コーチが京田選手に伝えていたゴロの捕り方とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ジャイアンツの井端コーチが中日ドラコンズの京田選手に守備のアドバイスをしている映像がありましたので、ぜひご覧ください。

・右足を軸にして左足を自由にした方がいろんな打球に対応できる
・もしボールを弾いても右足が前なら送球方向にボールは転がる
・基本的に左足が後ろにある方が一塁に送球する時にステップしやすい

こんな感じの話をしているように見えますね。実際に足の使い方はひと昔前に基本とされてきた話とは確実に変わってきているように思いますので、ぜひ井端コーチのお話を参考にしてみてください。

ちなみに…

世界一の三塁手はこんな感じで打球を処理します。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【もうすぐメジャーリーガー?】しっかり進化している、その理由
  2. 【ハロルド・レイノルズ氏から学ぶ】ライリードリルとハンドリングドリル
  3. 内野守備が巧くなりたければ本能を呼び起こせ!
  4. これからの選手に求められる事とは?
  5. 【12球団ナンバー1】すごいキャッチャーが出てきた!

関連記事

  1. フィールディング

    【ゴールドグラブ賞】受賞した選手たちに共通している事は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ちょっとこの画像…

  2. フィールディング

    ゴールドグラブ賞を11回受賞した遊撃手が教える『ゴロの捕り方』

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。MLBで遊撃手と…

  3. フィールディング

    凄くて巧い内野手【その基準とは?】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日のブログでは…

  4. フィールディング

    ダイビングキャッチドリル

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。海外の野球選手は…

  5. フィールディング

    【15歳〜16歳】ドミニカの遊撃手たちを見てみる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本のプロ野球で…

  6. フィールディング

    【ハンドリング】その柔らかさは異次元です。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今、日本で守備が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    野球選手として自分のスタイルを崩さない強さを持つことの大切さ
  2. マインド

    【当たり前すぎて気付かない】私たちは毎日大切なプレゼントを受け取っている
  3. ベースボールIQ

    志田スコアラーのお話しは選手も指導者も必見です!
  4. バッティング

    【新しい打撃指標】バレルとは?
  5. マインド

    【引退される山口鉄也投手から学ぶ】能動的な野球選手でいよう!
PAGE TOP