フィールディング

井端コーチが京田選手に伝えていたゴロの捕り方とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ジャイアンツの井端コーチが中日ドラコンズの京田選手に守備のアドバイスをしている映像がありましたので、ぜひご覧ください。

・右足を軸にして左足を自由にした方がいろんな打球に対応できる
・もしボールを弾いても右足が前なら送球方向にボールは転がる
・基本的に左足が後ろにある方が一塁に送球する時にステップしやすい

こんな感じの話をしているように見えますね。実際に足の使い方はひと昔前に基本とされてきた話とは確実に変わってきているように思いますので、ぜひ井端コーチのお話を参考にしてみてください。

ちなみに…

世界一の三塁手はこんな感じで打球を処理します。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【プホルス選手のバッティング理論から考える】選手のための指導とは?
  2. 【外野手の皆さん!】技術は磨いてますか?
  3. 年々成績が良くなるあの投手はキップアップが軽々できた。
  4. ついに150キロのボールを投げた!
  5. 野球選手として成功する体質がある。

関連記事

  1. フィールディング

    【野村克也氏から学ぶ】配球理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、捕手の配球…

  2. フィールディング

    【独断と偏見】今シーズン最高のダブルプレー

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。マニー・マチャド…

  3. フィールディング

    【磨いた技術をより輝かせるために】グラブを選ぶ時に考えるべきこと

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。週末は息子のグラ…

  4. フィールディング

    保護中: 【内野手の基本】素手とグラブの違いを知ろう!(パスワードは3月16日[金]のBBB通信もし…

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  5. フィールディング

    内野守備が巧くなりたければ本能を呼び起こせ!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。文春オンラインに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    ファーストベースマンのテクニック
  2. バッティング

    メカニズムとセンスのバランスはとれていますか?
  3. マインド

    今の野球界で最も差が出るものだからこそ…
  4. バッティング

    ホームランを打つための4つの条件とは?
  5. マインド

    【大阪桐蔭のキャプテンから学ぶ】この時代に求められている野球選手とは?
PAGE TOP