フィールディング

井端コーチが京田選手に伝えていたゴロの捕り方とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ジャイアンツの井端コーチが中日ドラコンズの京田選手に守備のアドバイスをしている映像がありましたので、ぜひご覧ください。

・右足を軸にして左足を自由にした方がいろんな打球に対応できる
・もしボールを弾いても右足が前なら送球方向にボールは転がる
・基本的に左足が後ろにある方が一塁に送球する時にステップしやすい

こんな感じの話をしているように見えますね。実際に足の使い方はひと昔前に基本とされてきた話とは確実に変わってきているように思いますので、ぜひ井端コーチのお話を参考にしてみてください。

ちなみに…

世界一の三塁手はこんな感じで打球を処理します。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【MLB通算612本塁打のジム・トーミ氏に学ぶ】バットのヘッドの使い方
  2. 【ドミニカ共和国の野球事情】彼らは野球が好きなわけではない?
  3. 安打製造機と言われる選手のバッティングの秘密とは?
  4. イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。
  5. 結局、12月になってしまいました【野球センスを磨く方法です】

関連記事

  1. フィールディング

    【世界は広い!】18歳で160キロのスローイングをする選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。世界にはえげつな…

  2. フィールディング

    【ゴールドグラブを受賞した選手に学ぶ】一塁手の体の使い方

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン、ML…

  3. フィールディング

    タッグプレーで野選。そこで久慈コーチがやらせた練習は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。実は今日から秘密…

  4. フィールディング

    キャッチャーのためのスキル&ドリル

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はキャッチャ…

  5. フィールディング

    世界トップレベルの二遊間の関係とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は世界トップ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ピッチング

    投げる事と真剣に向き合ってきたアスリートが日本人に伝えている事とは?
  2. ベースボールIQ

    連覇を目指すあのチームに川端健太先生が?
  3. フィジカル

    【強い打球が打ちたかったら体重を増やせばいいんですよ】増量に対する考え方
  4. フィールディング

    守備練習の時だけでもこのマインドでプレーしてみてほしい…
  5. コーチング

    【あなたはわかりますか?】この顔を見てピンとこなかったら寂しい…
PAGE TOP