バッティング

【バッティング】2017年ワールドシリーズMVP選手の左足の使い方とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

11月上旬の報道ステーションで岡島氏がワールドシリーズでMVPに選ばれたスプリンガー選手の話をしていました。

どんな話をしていたのかというとスプリンガー選手の左足のことについてです。そこでワールドシリーズでスプリンガー選手が打ったホームランを何本か見てみましょう。ぜひ左足に注目してくださいね。

もうお分かりになったと思いますが左足がこんな感じでめくれてますよね。

ただ、驚くべきことにこれは引っ張りに行った時だけじゃないんですね。信じられない話ですが逆方向に打つ時も同じように左足がめくれます。

これについて前田智徳氏は「これだけ左足がめくれるのはヘッドスピードが速いからだ」とおっしゃっていました。自分のヘッドスピードを受け止められないんだと。

まあ、まさにその通りだと思いますし、左足をめくってバットを振ればいいというものでもないんですが…。左足を止めて振らないといけないという固定観念を持っていて、その固定観念のせいで強く振れない状態に陥っている選手も結構いると思うんですね。

で、この左足の話なんですが、実はスプリンガー選手だけではないんですよ。あのアルトゥーベ選手も左足はこんな感じです。

フリーバッティングだとこんな感じで打っています。

で、コレア選手も影響を受けたのか最近はこんな感じで打つようになりました。昔は左足を止めてうとうとしてたんですけどね。

(2014年・フリーバッティング)

(2015年・フリーバッティング)

(2016年・ハイライト)

(2017年・ハイライト)

同じアストロズの選手に影響を受けたのかは分かりませんが2017年は今までとは違って無理に左足を止めようとしていないように見えます。コレア選手の場合は止めないようになったのか、止まらなくなったのかは分からないんですが、左足がスイングの邪魔をしている選手って結構いるような気がするので紹介させていただきました。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【川崎宗則選手に学ぶ】変化球のススメ
  2. 野球選手としてもっともっと成長するためには…
  3. 野球選手として成長するための時間の使い方とは?
  4. 【5年連続二桁勝利!】彼が勝てるピッチャーである理由
  5. 別格。だからこそ厳しく!【吉田選手のバッティングについて】

関連記事

  1. バッティング

    あなたはストライクゾーンを知っていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。打ち方を追求する…

  2. バッティング

    ホームランの打ち方は2つある。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。イチロー選手はホームラ…

  3. バッティング

    【2017年のMLBドラフト】上位指名された3選手を見てみましょう

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。2017年のML…

  4. バッティング

    打てるようになりければ美しく捕れるようになった方がいい

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。その昔、小学生が…

  5. バッティング

    【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先ほど2017年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    ご自分の体と向き合っていますか?
  2. ベースランニング

    盗塁のスタートを良くするために知っておくべき事とは?
  3. フィジカル

    あの世界トップレベルの日本人選手の凄さは体力測定には出ない
  4. バッティング

    野球選手がホームランを打ちたいと思ったら、ここからスタート!
  5. バッティング

    【バッターボックスに立ったとき】ピッチャーのどこを見ていますか?
PAGE TOP