フィールディング

【世界は広い!】18歳で160キロのスローイングをする選手

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

世界にはえげつない選手がいるもんですね。

その選手の名はブレイズ・アレクサンダー。

まだ18歳の選手なんですがそんな18歳が投げるスローイングがえげつないので、ぜひご覧ください。

どうやら100マイル(約160キロ)ぐらい出てるみたいですね。ちなみに本気で遠投をするとこんな感じです。

この肩はえげつないですよね^^;

ちなみにバッティングはこんな感じ。

このブライズ・アレクサンダー選手も出ている2017年のパーフェクトゲーム・オールアメリカンの試合はこちらです。

ここに出ている選手たちは今年のU-18ベースボールワールドカップにも出ていたようです。これを見たら圧倒的な強さで優勝するのも納得です。

あっ!

ちなみにもう一つ年代が下の14歳以下のパーフェクトゲームの試合はコチラです。噂のジョーダンくんも出ていますよ。

どの選手もスケールが大きいですね。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. これからの選手に求められる事とは?
  2. 【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる
  3. 連覇を目指すあのチームに川端健太先生が?
  4. 【ホームランは正義】山川選手が選んだ野球選手としての生き方
  5. アレックス・ロドリゲス氏が語るバッティング理論

関連記事

  1. フィールディング

    【内野守備が強固なチームは強い!】ところで時代の流れを感じていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ビル・リプケン氏…

  2. フィールディング

    12歳の小さなアルトゥーベがすでに身につけている技術とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨年、小さな体で…

  3. フィールディング

    プロ野球選手って凄い人たちなんですよ!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。侍ジャパンで内野…

  4. フィールディング

    内野守備が巧くなりたければ本能を呼び起こせ!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。文春オンラインに…

  5. フィールディング

    タッグプレーで野選。そこで久慈コーチがやらせた練習は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。実は今日から秘密…

  6. フィールディング

    まるで手品のようなキャッチボール

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。みなさん!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    高校時代にホームランを打ったことなかった選手が選んだ道とは?
  2. バッティング

    クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』
  3. フィールディング

    タッグプレーで野選。そこで久慈コーチがやらせた練習は?
  4. ピッチング

    【フライボール革命が叫ばれているからこそ…】この変化球を手に入れろ!
  5. マインド

    ワールドベースボールクラシックが始まりました!
PAGE TOP