ピッチング

メジャーリーガーたちも恐れたピッチングフォームが誕生したのは…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

NPBでもMLBでも活躍された岡島秀樹氏。彼のフォームはリリースの時に顔を下に向けて投げる独特なフォームでした。私の記憶が正しければジャイアンツに入団した当初はその独特なフォームを修正しようとしましたが、うまくいかずに苦労していたと思います。

そんな岡島氏を救ったのは鹿取氏だったそうで鹿取氏はフォームを修正せずに育てるという方針をとったそうです。そして結果的に岡島氏は制球力の優れた投手になったんですね。それと、その独特なフォームのおかげでメジャーリーガーたちも恐れるピッチャーになりました。

では、なぜ鹿取氏は岡島氏の独特な投げ方を修正しなかったのか。ぜひ、岡島氏の話を聞いてみてください。

独特な投げ方というのは裏を返すと武器にもなるんですね。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ホームランを打つための4つの条件とは?
  2. ブライス・ハーパー選手に学ぶ【ホームランを打つための体づくり】
  3. きっと人間性が超一流だったから野球選手としても超一流になれたのではないでしょうか…
  4. 【打つのも、投げるのも】壁に対する考え方を変えてみる
  5. 【見よ!】このコンタクト能力
PAGE TOP