フィールディング

ゴールドグラブ賞を10回も受賞した史上最高の二塁手の秘密とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昔、仁志氏が『ナンだ!?』という番組で日米野球でノックを受けるロベルト・アロマー選手(2005年引退)から影響を受けたという話をしていたんですがアロマー選手を知らないという方のためにひとつのプレーの動画を用意しました。

このアロマー選手はゴールドグラブ賞を10回受賞しているんですが10回というのは二塁手としては歴代最多なので単純に考えるとベースボールの歴史の中で史上最高の二塁手はこのロベルト・アロマー選手だということです。

そんなアロマー選手から仁志氏は日米野球で何を学んだのかというと以前も紹介したこんなプレーだそうです。

これはジャイアンツで2015年、2016年の2年連続でゴールドグラブ賞を受賞しているブランドン・クロフォード選手のプレーなんですがロベルト・アロマー選手も日米野球で同じようなプレーをしていて、それを見た仁志氏が練習でこういうプレーを取り入れたんですって。

そうするとグラブのどこでボールを捕っているのかを感じられるようになったり、プレーによってグラブのどこにボールを入れればそのプレーがやりやすいのかがわかるようになったとおっしゃっています。

で、これはおそらく2000年の話ですからアロマー氏はこういう事を20年前ぐらいからやっていたんですね。そしてMLBでは今でもそれを受け継いでやっている選手がいて、しかも、その選手も2年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。ところが日本ではこういうプレーはまだ見ません。

そう考えてみると内野守備に関していえば日本は海外から20年以上遅れているのかもしれませんね。

ですから、ぜひ、この遅れを取り戻してほしいなと思います。

そのためにもこちらの教材をどうぞ!

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【伝説のバッター】ハンク・アーロン氏のバッティング理論とは?
  2. 強いチームには良い空気が流れている。
  3. キャッチャーが見失ってしまうほどのスイングをする高校生。
  4. あのプロ野球選手たちが中学時代に対戦していた!
  5. 掴んだ感覚を失わないために…

関連記事

  1. フィールディング

    選手を育成する指導者の基本は…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。サッカーダイジェ…

  2. フィールディング

    【二塁手必見!】この動きを徹底的に身につけましょう

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日も紹介させて…

  3. フィールディング

    【内野守備】世界一の内野手はどうして育ったのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、このブログ…

  4. フィールディング

    【3つのピボット】練習してますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ピボットの練習し…

  5. フィールディング

    【内野守備】あなたは『一文字』or『ハの字』?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ここ最近、日本で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. マインド

    野球選手なら初詣でこれをやってみて下さい。
  2. バッティング

    あのスーパースターがバッターボックスに入るたびに確認していた言葉とは?
  3. マインド

    【引退される山口鉄也投手から学ぶ】能動的な野球選手でいよう!
  4. バッティング

    東出コーチの話が参考になります。
  5. コーチング

    保護中: 青木宣親選手が語る「MLB流コーチング」
PAGE TOP