フィールディング

ゴールドグラブ賞を10回も受賞した史上最高の二塁手の秘密とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昔、仁志氏が『ナンだ!?』という番組で日米野球でノックを受けるロベルト・アロマー選手(2005年引退)から影響を受けたという話をしていたんですがアロマー選手を知らないという方のためにひとつのプレーの動画を用意しました。

このアロマー選手はゴールドグラブ賞を10回受賞しているんですが10回というのは二塁手としては歴代最多なので単純に考えるとベースボールの歴史の中で史上最高の二塁手はこのロベルト・アロマー選手だということです。

そんなアロマー選手から仁志氏は日米野球で何を学んだのかというと以前も紹介したこんなプレーだそうです。

これはジャイアンツで2015年、2016年の2年連続でゴールドグラブ賞を受賞しているブランドン・クロフォード選手のプレーなんですがロベルト・アロマー選手も日米野球で同じようなプレーをしていて、それを見た仁志氏が練習でこういうプレーを取り入れたんですって。

そうするとグラブのどこでボールを捕っているのかを感じられるようになったり、プレーによってグラブのどこにボールを入れればそのプレーがやりやすいのかがわかるようになったとおっしゃっています。

で、これはおそらく2000年の話ですからアロマー氏はこういう事を20年前ぐらいからやっていたんですね。そしてMLBでは今でもそれを受け継いでやっている選手がいて、しかも、その選手も2年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。ところが日本ではこういうプレーはまだ見ません。

そう考えてみると内野守備に関していえば日本は海外から20年以上遅れているのかもしれませんね。

ですから、ぜひ、この遅れを取り戻してほしいなと思います。

そのためにもこちらの教材をどうぞ!

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界レベルのバッターたちはどんな意識でバッティング練習をしているのか?
  2. 噂の新外国人の評価が低いようだが…
  3. じっとしてても180キロの打球は打てるようにはならない【180キロの打球を打てる…
  4. あのピッチャーが実践したコントロールを良くする方法
  5. 野球の試合はキャッチャーが命運を握っている【キャッチャーのための守備講座】

関連記事

  1. フィールディング

    内野手はゴロを捕ったら胃に持って来い?【野球選手のための守備講座】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は野球選手の…

  2. フィールディング

    犬がボールを追いかけるように…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。2013年にレギ…

  3. フィールディング

    キャッチングの方法

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。面白い動画がありました…

  4. フィールディング

    内野守備が巧くなりたければ本能を呼び起こせ!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。文春オンラインに…

  5. フィールディング

    ワンランク上の選手になるための『キャッチボール論』

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は新しい教材…

  6. フィールディング

    内野手はひとつのエラーをどう生かすかもセンスです。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ツイッターの中で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【ソフトバンクホークスの甲斐捕手から学ぶ】スローイングの極意とは?
  2. バッティング

    【バッティング】2017年ワールドシリーズMVP選手の左足の使い方とは?
  3. バッティング

    【1994年に私が受けた衝撃】これまでの常識が壊された…
  4. フィールディング

    ドミニカ人が教える内野守備論
  5. ピッチング

    【フライボール革命が叫ばれているからこそ…】この変化球を手に入れろ!
PAGE TOP