フィールディング

ランナーが一塁にいる時に左中間を抜ける打球が飛んだら野手はどう動きますか?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

カル・リプケン氏を兄に持つビリー・リプケン氏がカット&リレー(カットオフプレー)について面白い解説をしていたので紹介させていただきます。

彼が解説していたのは一、二塁で打球が左中間へ飛んだ時の野手の動きについてです。

時間がありましたら、ぜひ、この時の野手の動きをイメージしてみて欲しいんですが…

当たり前ですがレフトとセンターは打球を追います。

ショートはカットに入ります。

セカンドはセカンドベースに入ってから…

ショートのバックアップに行きますね。

まあ、ここまでは想像した通りですよね?

では、ファーストはどういう動きをするべきでしょうか?

定説ではランナーがベースを踏んだか確認してからセカンドベースに行きますよね?

こんな感じでしょうか。

ところがビリー・リプケン氏はファーストもカットに入れと言います。

じゃあ、セカンドベースはどうするんだというと、このポジションの選手に入らせるそうです。

そういえば、これ、オリックスの二軍監督である田口氏も言ってましたよね?

「余った外野手にセカンドベースに入らせる」って。

これはカットオフプレーのひとつの考え方として面白い意見だと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【広島東洋カープ・丸選手】彼の成績が年々上昇する理由
  2. 【星稜高校野球部名誉監督・山下智茂氏が語る】大阪桐蔭の強さの秘密
  3. ベースボールバイブルがマネジメントを始めました。
  4. 【伝説のバッター】ハンク・アーロン氏のバッティング理論とは?
  5. 年俸15億円の選手が…
PAGE TOP