バッティング

引きつけて打つから前で捌くへ!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ワールドシリーズ第1戦が盛り上がっていますが非常に参考になる映像があったので紹介させていただきます。

まずは先頭打者ホームランを打ったドジャースの1番バッターであるテイラー選手のバッティングです。

そして、ツーランホームランを打ったターナー選手のバッティングです。

このターナー選手が自身のバッティングについてこんな事を言っています。

「足を上げて打つことの目的は体を残してしっかりと引きつけて打つことにありました。しかし3年ぐらい前に僕は考え方を変え、ボールを前で捌くように挑戦しました。そうすると打球がそれまでよりも飛ぶようになるのを実感したんです。」と。

そしてバッティングゲージではこんな風に打っています。

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ドミニカ人が教える内野守備論
  2. 磨くべき技術が多くなった時、基本をおろそかにしていませんか?
  3. 超一流の選手の目の使い方を身につけませんか?
  4. 現役メジャーリーガーが行っている外野手の基本とは?
  5. 高校野球界トップレベルのシートバッティング

関連記事

  1. バッティング

    噂の新外国人の評価が低いようだが…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。阪神の新外国人の…

  2. バッティング

    【すでに3度の首位打者に輝いたアルトゥーベ選手】彼が構える前にやっている事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。いや〜、さきほど…

  3. バッティング

    彼らがバットを振れる理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。82試合を消化し…

  4. バッティング

    バッティングの指導は真に受けてはいけない?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。落合氏の発言で面…

  5. バッティング

    バッターにとってゴロはお金にならない

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。トロント・ブルー…

  6. バッティング

    【4割に最も近い男から学ぶ】進化の理由(バッティング理論)

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、GET S…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    リトルリーグワールドシリーズは日本が優勝しました
  2. コーチング

    ドミニカ共和国の選手たちが行っている練習メニュー
  3. フィールディング

    【世界の三塁手に学ぶ】彼らが意識している事とは?
  4. コーチング

    デンマークの少年サッカー指導10カ条
  5. バッティング

    千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手のバッティング理論
PAGE TOP