バッティング

ホームランを打つためには…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

それにしても今年はたくさんのホームランが出ましたが例えばこういうデータがあります。

このデータをどこまで信じるかという問題はありますが、このデータを見ると打球速度が136キロ以上出せない選手はホームランは打てないということがわかります。

おそらくこの事実が問題を難しくするんだと思うんですが…

136キロの打球速度が出せない選手が「時代はフライボールレボリューションだ!」と言ってどれだけフライを打ったところで外野の頭も越えないのが現実なんですね。

だからチームも選手も2つの選択に悩むのではないでしょうか?

1)フライを打ってもホームランにはならないんだから低い打球を打とう!
 
2)今はホームランにはならなくても将来的にホームランを打てるようにフライを打とう!

まあ、どちらを選択するのかはそれぞれの価値観にもよると思いますが現実的な話として多少の誤差はあるにせよ打球速度が136キロ以上出せなければ基本的にはホームランは打てないということです。

まあ、参考まで。

ホームランを打つためのミートポイントを身につけたい選手はこの教材を…

136キロ以上の打球を打ちたい選手はこの教材を…

ぜひ参考にしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【斎藤隆氏のMLBリポート】1Aの目的とは?
  2. プリンス・フィルダー氏のバッティング感覚
  3. ハードヒット率 52.1%を誇る打者のバッティング理論とは?
  4. 試合でバックハンド(逆シングル)を使うための基準はクリアできてますか?
  5. じっとしてても180キロの打球は打てるようにはならない【180キロの打球を打てる…
PAGE TOP