ピッチング

【読売ジャイアンツの畠投手に学ぶ】ピッチャーにとって大切な事は…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

読売ジャイアンツ・畠世周投手。

彼が投げているのを見るたびに素晴らしいボールを投げるピッチャーだなと思うんですが、実は投げるだけじゃなくてバックアップも頑張るピッチャーなんですね。

例えば、このプレー。

場面は一死一、二塁ですから一塁への送球が悪送球になってしまうとバックアップがいなければ一点入ってしまいます。それほど大事な送球なんですが、この時に一塁への送球のバックアップに行けるのはピッチャーだけなんですね。だからこそピッチャーは頑張ってバックアップに行くべきだと思います。そういう意味でも畠投手は素晴らしいなと…

ピッチャーにとって投げるボールを磨くことはもちろん大切なんですが、こういうバックアップの大切さにも気づいて欲しいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. MLBの内野手は「ドッシリ」「ガッチリ」捕らない?そんな事はありません
  2. 【知っておいて損はない】脳の性質とは?
  3. MVPに輝いた2人の選手のプレーを見てみましょう!
  4. 【無死一、三塁でピッチャーゴロ】その時の走塁は?
  5. 人間万事塞翁が馬
PAGE TOP