ピッチング

【読売ジャイアンツの畠投手に学ぶ】ピッチャーにとって大切な事は…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

読売ジャイアンツ・畠世周投手。

彼が投げているのを見るたびに素晴らしいボールを投げるピッチャーだなと思うんですが、実は投げるだけじゃなくてバックアップも頑張るピッチャーなんですね。

例えば、このプレー。

場面は一死一、二塁ですから一塁への送球が悪送球になってしまうとバックアップがいなければ一点入ってしまいます。それほど大事な送球なんですが、この時に一塁への送球のバックアップに行けるのはピッチャーだけなんですね。だからこそピッチャーは頑張ってバックアップに行くべきだと思います。そういう意味でも畠投手は素晴らしいなと…

ピッチャーにとって投げるボールを磨くことはもちろん大切なんですが、こういうバックアップの大切さにも気づいて欲しいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 超強豪校がずっと勝ち続けている理由はピッチャーの…
  2. 【世界基準】遊撃手の評価の仕方を間違えていないか?
  3. 何度ミスしてもバックハンドでチャレンジするドミニカ代表の遊撃手
  4. MLBドラフト全体1位の選手が教えるフレーミング技術とは?
  5. キャッチャーならご覧ください。
PAGE TOP