バッティング

【ナショナル・リーグのリーディングヒッター】チャーリー・ブラックモン選手のバッティングを見てみる

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

身長167cmのメジャーリーガーであるホセ・アルトゥーベ選手が今シーズンも30盗塁を達成しました。これで6シーズン連続で30盗塁以上をしたことになります。

バッティングの方も打率.357(183安打)で今年もアメリカン・リーグの首位打者と最多安打のタイトルを獲得しそうな雰囲気なんですが…

実はナショナル・リーグの方にはアルトゥーベ選手以上にヒットを打っている(186安打)がいるんですね。その選手というのがチャーリー・ブラックモン選手です。

今シーズンの成績は打率.340、186安打、32本塁打で昨シーズンも打率.324、187安打、29本塁打と安定した成績を残している素晴らしいバッターなんですね。

ということで今日はチャーリー・ブラックモンという選手を知っていただき、その安定したバッティングをご覧いただきたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【世界一に貢献!】プレーオフで勝てなかった投手が勝てるようになった理由
  2. 大谷選手はこんな感覚でバッティングをしている?
  3. 【世界一の捕手であるヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】強いチームのキャッチャーと…
  4. 【OPS 1.015!】成長し続けるバッターの打撃理論
  5. 年々成績が良くなるあの投手はキップアップが軽々できた。
PAGE TOP