バッティング

【貴重映像】コディ・ベリンジャー選手の少年時代

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今シーズンデビューしたドジャースのコディ・ベリンジャー選手。

すでに34本ものホームランを打ってブレイク中です。

そんなベリンジャー選手なんですが実は2007年のリトルリーグワールドシリーズに出場していたんですね。

1995年7月13日生まれのコリンジャー選手は現在身長6.4ft(193cm)、体重210lbs(95.3kg)なんですが12歳の時点では身長が5.1ft(155cm)、体重は87lbs(39.5kg)だったようです。実際、ドラフト時(17歳)には6.4ft(193cm)だったので5年で身長が38cmも伸びたんですね。

では、そんなベリンジャー選手の12歳の時の貴重な映像をぜひご覧ください。

ちなみにこちらは高校時代の映像です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. あの選手が160キロのボールを投げれる理由
  2. ルールが変わってからよく見るようになったスライディングとは?
  3. 【夏の終わりを感じているかもしれませんが…】日本のリトルリーガーたちが頑張ってま…
  4. きっと人間性が超一流だったから野球選手としても超一流になれたのではないでしょうか…
  5. 昨年末に新しい教材をリリースさせていただきました。
PAGE TOP