バッティング

【貴重映像】コディ・ベリンジャー選手の少年時代

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今シーズンデビューしたドジャースのコディ・ベリンジャー選手。

すでに34本ものホームランを打ってブレイク中です。

そんなベリンジャー選手なんですが実は2007年のリトルリーグワールドシリーズに出場していたんですね。

1995年7月13日生まれのコリンジャー選手は現在身長6.4ft(193cm)、体重210lbs(95.3kg)なんですが12歳の時点では身長が5.1ft(155cm)、体重は87lbs(39.5kg)だったようです。実際、ドラフト時(17歳)には6.4ft(193cm)だったので5年で身長が38cmも伸びたんですね。

では、そんなベリンジャー選手の12歳の時の貴重な映像をぜひご覧ください。

ちなみにこちらは高校時代の映像です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. バッターにとってゴロはお金にならない
  2. 背面キャッチをやってみた【野球選手としてプレーの精度を高めるためには…】
  3. 盗塁のスタートを良くするための反応練習法とは?
  4. 井端コーチが言ったとされる「ゴロは右足の前で捕れ」。この言葉の捉え方を間違えると…
  5. 柳田選手が感じている野球の魅力が面白い^^【あっ!新教材がアマゾンで販売されてい…

関連記事

  1. バッティング

    【4年連続200安打を達成!】アルトゥーベ選手のバッティングを切り取ってみる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アルトゥーベ選手…

  2. バッティング

    MLBを代表するヒットメーカーたちの共通点とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日はフレッシュ…

  3. バッティング

    打てるようになりければ美しく捕れるようになった方がいい

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。その昔、小学生が…

  4. バッティング

    ホームランを打つためには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。それにしても今年…

  5. バッティング

    アレックス・ロドリゲス氏が語るバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あのアレックス・…

  6. バッティング

    マグワイアを超える新人シーズン本塁打記録!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ついにアーロン・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【MLBの選手たちのゴロ捕球から学ぶ】他の野球人が見えないものを見える選手になれ…
  2. フィールディング

    12歳の小さなアルトゥーベがすでに身につけている技術とは?
  3. フィールディング

    【史上最高の二塁手が教える】バックトス!
  4. コーチング

    【問題です】この野球少年たちはのちにどんな野球選手になったでしょうか?
  5. フィジカル

    史上最高のアスリートから学ぶトレーニングと食事
PAGE TOP