バッティング

【32年ぶりの記録更新ということで…】32年ぶりに清原和博氏のホームランを見てみる

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ここまで凄いと触れずにはいられません。

はい、広陵高校の中村奨成選手です。

今日の準決勝も5打数4安打2本塁打7打点。

『6本塁打』『39塁打』『17打点』はそれぞれ個人大会新記録だそうです。

確かに今はどんなボールでも打ってしまいそうな雰囲気がありますね。

個人的には明日の決勝で対戦するであろう140キロを超えるピッチャーのボールにどういう反応をするのか楽しみです。

まあ、これで清原和博氏の一大会での大会記録は抜かれたわけですが、そうなるとやっぱり見てしまうんですね。

「清原氏はどんなバッティングをしてたのかな?」って。

見てみるとやっぱり凄いです^^;

ということで今日は清原和博氏のホームランをご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球選手の育て方には解放という方法もある。
  2. 先輩に「投げにくい」言われたキャッチャーが超一流のキャッチャーになれた理由
  3. あの選手はこれで50mを5.7秒で走れるようになった!【野球選手もスピードが求め…
  4. 【一発のファール】それがキッカケでバッティングが変わった!
  5. 【西武ライオンズの水口選手から学ぶ】12球団で最も小柄な選手のスイング哲学
PAGE TOP