バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界一飛ばす選手のバッティング理論
  2. 【日本野球】相手を讃える姿をもっと見たい!
  3. 保護中: 【つま先の向きが変わると身体が変わる】つま先を内側に向けた場合と外側に…
  4. 【サヨナラ勝ちで怒られた!】その理由は?
  5. 【結局の話】勝つのは感度が高い選手

関連記事

  1. バッティング

    あのピート・ローズ氏が最高の練習だと言っているのは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。MLBの歴史の中…

  2. バッティング

    故グウィン氏にはイチロー選手のバッティングはおかしく見えていた…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。2年前に亡くなられた故…

  3. バッティング

    イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。細かい事を言い出…

  4. バッティング

    ヒッチを使うバッターが続々登場!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、ヒッチにつ…

  5. バッティング

    野球選手が素振りの時に注意すること

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、大谷選手の…

  6. バッティング

    【(WBC)日本vs.オランダ】勝負の明暗を分けたのは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はWBCのこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    すごいすごいと思っていたメジャーリーガー。でも実は…
  2. バッティング

    満塁で敬遠されたあの選手を思い出させてくれるバッターとは…
  3. バッティング

    昨年の日米野球で話題を独り占めにしたあの選手のバッティング理論
  4. バッティング

    スペシャルなバッターたちの打席での意識とは?
  5. バッティング

    世界レベルのバッターたちはどんな意識でバッティング練習をしているのか?
PAGE TOP