バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 井の中の蛙が野球界で生き残るのは難しい…
  2. 180キロ以上の打球が打てる大谷翔平という怪物
  3. 【想像を絶する大活躍】小さい選手が打てる理由
  4. マグワイアを超える新人シーズン本塁打記録!
  5. 【バッターボックスに立ったとき】ピッチャーのどこを見ていますか?

関連記事

  1. バッティング

    野球選手はバッティングの時の打球音を聞いてみよう!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球選手にとって…

  2. バッティング

    打てるようになりければ美しく捕れるようになった方がいい

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。その昔、小学生が…

  3. バッティング

    【貴重映像】コディ・ベリンジャー選手の少年時代

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズンデビュ…

  4. バッティング

    これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は母校が登場…

  5. バッティング

    世界レベルのバッターたちはどんな意識でバッティング練習をしているのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン球団最…

  6. バッティング

    【目先の1安打も大事だけど…】打者・大谷翔平選手から学ぶべき事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン、ML…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    彼らがバットを振れる理由
  2. バッティング

    メカニズムとセンスのバランスはとれていますか?
  3. マインド

    【世界最高の選手だと称えられた男が語る】最高の選手とは?
  4. バッティング

    保護中: 日本人離れのスイングをするオリックス・吉田正尚選手が影響を受けたのは……
  5. フィールディング

    【川崎宗則選手に学ぶ】変化球のススメ
PAGE TOP