バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球の神様はいつも何かを教えてくれている
  2. 【知っておいて損はない】脳の性質とは?
  3. 【伝説のマンガから学ぶ】今の日本人内野手が徹底的にやっておくべき事とは?
  4. すごいすごいと思っていたメジャーリーガー。でも実は…
  5. 【バッティング】スイングする時、軸足に体重は残ってない?

関連記事

  1. バッティング

    “呪縛”が解かれたら大爆発!こんな野球選手がたくさんいます。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。まず最初に……

  2. バッティング

    【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先ほど2017年…

  3. バッティング

    【3年前のあの選手】あの時点では活躍するのは難しいと感じた理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はちょっと昔…

  4. バッティング

    適当に打て!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日刊スポーツにこ…

  5. バッティング

    メカニズムとセンスのバランスはとれていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。いつも思うことで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    補殺記録を塗り替える内野手は現れた!次は刺殺記録を塗り替える外野手が出てきてほし…
  2. フィジカル

    うまくない選手のフォームは見てはいけない。
  3. フィールディング

    プロ野球選手になった男のテレビ画面に映らないバックアップ
  4. フィジカル

    あの世界トップレベルの日本人選手の凄さは体力測定には出ない
  5. バッティング

    世界レベルのバッターたちはどんな意識でバッティング練習をしているのか?
PAGE TOP