バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【スライディング】どちらの足を曲げていますか?そこに意味はありますか?
  2. 保護中: 【パスワードは今日のLINE@で!】目の前にボールがあったら拾いますか…
  3. 日本人選手が世界で戦うために…
  4. 【打つのも、投げるのも】壁に対する考え方を変えてみる
  5. 現在、アメリカンリーグで打率トップの選手のバッティング練習を見てみる

関連記事

  1. バッティング

    どんなボールにもついていけるようになる遊びとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ホセ・アルトゥー…

  2. バッティング

    【問題】このホームラン。打球の角度は何度でしょうか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日、開幕したメ…

  3. バッティング

    【落合博満×吉田正尚】バッティングに対する思考の違いとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。いや〜、面白かっ…

  4. バッティング

    【2017年のMLBドラフト】上位指名された3選手を見てみましょう

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。2017年のML…

  5. バッティング

    プロ野球界で史上最高の右バッターはどうやってバッティングフォームを作っていたのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。「日本人で史上最…

  6. バッティング

    【身長170cmの選手が首位打者を争う時代】彼らが身につけている能力とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あのMLB Ne…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    内野手のハンドリングを上手くする練習方法。
  2. フィールディング

    野球の守備が上手いかどうかはボールを握り変える技術を見れば分かる!
  3. バッティング

    飛距離を伸ばすためにあのバッターが取り組んだ事とは?
  4. フィジカル

    ご自分の体と向き合っていますか?
  5. ピッチング

    あのプロ野球選手たちが中学時代に対戦していた!
PAGE TOP