バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ゴールドグラブ賞を10回も受賞した史上最高の二塁手の秘密とは?
  2. 選手を育成する指導者の基本は…
  3. 土曜日は母校の野球部のOB会でした。
  4. 世界のホームラン王のバッティング理論
  5. 適当に打て!

関連記事

  1. バッティング

    【MLBで12年、通算打率は.311】天才バッターのバッティングに対する考え方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。自称「カナダのイ…

  2. バッティング

    イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。細かい事を言い出…

  3. バッティング

    ハードヒット率 52.1%を誇る打者のバッティング理論とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日も少し紹介し…

  4. バッティング

    安打製造機と言われる選手のバッティングの秘密とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は安打製造機の秘密…

  5. バッティング

    私が考える究極のバッティングフォームを持つ男とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はチャーリー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    内野手はゴロを捕ったら胃に持って来い?【野球選手のための守備講座】
  2. マインド

    野球選手なら自分の信じた道を歩めばいい。
  3. フィールディング

    野球選手の守備が上達しないのは指導者に問題がある場合が多い。
  4. マインド

    世界最高の野球選手が『世界最高』になれた理由がよくわかるインタビューです。
  5. フィールディング

    オーランド・ヘルナンデス氏に学ぶ、世界で通用する内野手の育て方【内野守備の上達法…
PAGE TOP