バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 良いバッターはやっぱりバッティング練習から違う…
  2. どれだけ時代が変わってもキャッチボールを見れば野球選手のレベルはわかる。
  3. 野球選手がよくやるロングティー。打ち方は何種類?
  4. あの国民栄誉賞を受賞した野球選手はどのようにして育てられたのか?
  5. レベルの高い走塁をできるようになってください。
PAGE TOP