バッティング

【ハロルド・レイノルズ氏が語る】アーロン・ジャッジ選手の目に見える変化とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はアーロン・ジャッジ選手の変化について見てみましょうか。

昨年、メジャーデビューをして初打席でいきなりホームランを打ったアーロン・ジャッジ選手ですが、その後はメジャーのピッチャーに苦しみます。84打数で4本のホームランを打ちましたが打率は.179だったんですね。その選手が今年は327打数で30本のホームランを打ち、打率も.312でOPSは1.078という数字を残しています。これだけの進化というのはもちろん目に見える部分の変化だけで成し遂げられるものではないとは思いますが、実際に目に見えて変わった部分があるのも事実です。そこで、今日はハロルド・レイノルズ氏が話しているアーロン・ジャッジ選手の目に見える変化をご覧いただきたいと思います。では、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【世界一の遊撃手であるアンドレルトン・シモンズ選手から学ぶ】内野手としての意識
  2. 【甲斐選手も手本にした】あの選手が教えるキャッチャーの基本
  3. 【海外の練習から学ぶ】動ける外野手になるための練習とは?
  4. 【ボビー・ディッカーソンコーチが教える】内野手の守備について
  5. このプレーを見て何も感じられない選手は野球選手として劣っている。

関連記事

  1. バッティング

    【アトランタ・ブレーブスの打撃コーチが教える】ティーバッティング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アトランタ・ブレ…

  2. バッティング

    あのスーパースターがバッターボックスに入るたびに確認していた言葉とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、パッとスマ…

  3. バッティング

    MLBを代表するヒットメーカーたちの共通点とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日はフレッシュ…

  4. バッティング

    あなたのスイングを変えてくれるネットドリル

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。以前も紹介したこ…

  5. コーチング

    まだ悩んでいない野球選手にバッティングフォームを教えるのは効果があるのだろうか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。こういう記事を見…

  6. バッティング

    飛距離を伸ばすためにあのバッターが取り組んだ事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。福岡ソフトバンク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. マインド

    【田口壮氏が語る】自身の高校時代
  2. フィールディング

    【ゴールドグラブ賞】受賞した選手たちに共通している事は?
  3. バッティング

    あの名選手が野球少年たちに送ったメッセージとは?
  4. フィールディング

    ホームベースより前に転がった打球は全部自分のボールだと思え!
  5. バッティング

    高校野球界トップレベルのシートバッティング
PAGE TOP