バッティング

【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先ほど2017年のMLBホームランダービーが終わりました。結果はアーロン・ジャッジ選手(ニューヨーク・ヤンキース)の優勝。それにしても圧倒的なバッティングでしたよ。まさに異次元のバッティングでした。どう異次元かって、全方向にホームランを打っちゃうんです。しかも「あっ、今のはこすったな〜」と思った打球がライトスタンドの2階席とかまで飛んじゃうんですから、こんな選手に誰もかないません。基本的な待ち方はバックスクリーン返しでライトスタンド、バックスクリーン、レフトスタンドと逆らわずに打つんですから、そのバッティング技術には驚かされます。あっ、センター返しじゃなくてバックスクリーン返しですのでお間違いなく^^

まあ、僕の話より今日は実際にアーロン・ジャッジ選手のホームランダービーを見てください。柔らかくて強い。まさに芸術です。さあ、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 話題の『瞬達めがね』が教材になりました!
  2. 掴んだ感覚を失わないために…
  3. 世界一を目指して戦う選手たちから学べること。
  4. 『そうする』のではなくて『そうなる』もの
  5. これ、できます?【野球選手ならできてほしい!】

関連記事

  1. バッティング

    【バッティング】スイングする時、軸足に体重は残ってない?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。松井秀喜氏が伝え…

  2. バッティング

    イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、イチロー選…

  3. コーチング

    指導者は野球選手の枠を破壊してやる!【バッティング指導法】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。これは僕個人の勝…

  4. バッティング

    18歳の野球選手が魅せた素晴らしいバッティング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本でも少し話題…

  5. バッティング

    180キロ以上の打球が打てる大谷翔平という怪物

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。私がお休みをいた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    あなたのスイングを変えてくれるネットドリル
  2. フィールディング

    【ボビー・ディッカーソンコーチが教える】内野手の守備について
  3. マインド

    野球選手としての心構え
  4. マインド

    プレイボールの意味とは?
  5. ピッチング

    MLB(メジャーリーグベースボール)で1640イニング投げてきたピッチャーのトレ…
PAGE TOP