バッティング

【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先ほど2017年のMLBホームランダービーが終わりました。結果はアーロン・ジャッジ選手(ニューヨーク・ヤンキース)の優勝。それにしても圧倒的なバッティングでしたよ。まさに異次元のバッティングでした。どう異次元かって、全方向にホームランを打っちゃうんです。しかも「あっ、今のはこすったな〜」と思った打球がライトスタンドの2階席とかまで飛んじゃうんですから、こんな選手に誰もかないません。基本的な待ち方はバックスクリーン返しでライトスタンド、バックスクリーン、レフトスタンドと逆らわずに打つんですから、そのバッティング技術には驚かされます。あっ、センター返しじゃなくてバックスクリーン返しですのでお間違いなく^^

まあ、僕の話より今日は実際にアーロン・ジャッジ選手のホームランダービーを見てください。柔らかくて強い。まさに芸術です。さあ、どうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ボテボテのサードゴロをバックハンドでアウトに!
  2. ランナーが一塁にいる時に左中間を抜ける打球が飛んだら野手はどう動きますか?
  3. 【二塁ベースからタッグアップで1点】その走塁から見えるものとは?
  4. 【すでに3度の首位打者に輝いたアルトゥーベ選手】彼が構える前にやっている事とは?…
  5. 補殺数の世界記録を持つオジー・スミス選手。彼がどんな体を持つ選手だったか知ってい…

関連記事

  1. バッティング

    大谷選手はこんな感覚でバッティングをしている?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今頃元日の記事な…

  2. バッティング

    【4割に最も近い男から学ぶ】進化の理由(バッティング理論)

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、GET S…

  3. バッティング

    【覚醒中のあのバッター】彼がティーバッティングでやっている事

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。名手で知られるフ…

  4. バッティング

    MLBを代表するバッターであるマイク・トラウト選手の感覚とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。Aロッドの愛称で…

  5. バッティング

    【バッティング】あなたの打ちやすいタイミングのとり方は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。さあ、今日は語り…

  6. バッティング

    引きつけて打つから前で捌くへ!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ワールドシリーズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    【良い雰囲気で戦っている読売ジャイアンツ】その雰囲気を作っているのは?
  2. フィジカル

    じっとしてても180キロの打球は打てるようにはならない【180キロの打球を打てる…
  3. バッティング

    ナショナルリーグ・打率2位の打者からバッティングを学ぶ
  4. マインド

    失敗は失敗の母
  5. バッティング

    フライボール革命
PAGE TOP