フィールディング

【12球団ナンバー1】すごいキャッチャーが出てきた!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

もうご存知だとは思いますが…

凄いキャッチャーが出てきましたね。

はい、ソフトバンクホークスの甲斐選手です。

すでに12球団ナンバー1の送球スピード(1.71秒)だそうですが、それも納得です。

捕ってからも速いですし、肩も強くてボールを叩きつけて投げているのがよく伝わりますし、動きなんかは内野手のようです。

ぜひ、そのプレーを見てください。

この甲斐選手はまだ24歳、しかも育成から這い上がってきた選手なんですね。楽しみな選手が出てきたなと思いますし、ソフトバンクの育成力に驚かされます。

キャッチャーをしている選手にとっては甲斐選手のプレーは非常に参考になると思いますので、ぜひ上達に役立ててほしいなと思います。

それから元中日ドラゴンズの小田幸平氏が『キャッチャーとして生きて行くなら身につけておかなければいけないこと』を教えてくださっていますので、こちらの教材も参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. うまくない選手のフォームは見てはいけない。
  2. あなただけのフラットスイングを見つけてください。
  3. ワンランク上の選手になるための『キャッチボール論』
  4. 中学時代は6番バッター?
  5. 野球界にも当たり前のように表に出てくるようになった『yips』

関連記事

  1. フィールディング

    【世界一の三塁手】その守備哲学とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。さすがESPNさ…

  2. フィールディング

    まるで手品のようなキャッチボール

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。みなさん!…

  3. フィールディング

    【日本とアメリカ】スローイングの時によくある違いとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。以前、ナイショの…

  4. フィールディング

    【ハロルド・レイノルズ氏から学ぶ】ライリードリルとハンドリングドリル

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はハロルド・…

  5. フィールディング

    大谷翔平投手の初登板の日に起こったひとつのプレー【フォーメーションは難しい…】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は朝からエン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    【プホルス選手のバッティング理論から考える】選手のための指導とは?
  2. バッティング

    MLBで600本のホームランを打ったプホルス選手の歴史と哲学
  3. ピッチング

    【野球界でよく使われる言葉ですが…】タメって何ですか?
  4. ピッチング

    あの選手のストレートも似たような感覚なのだろうか…
  5. バッティング

    三冠王を獲得したバッターとあの選手が共通している事とは?
PAGE TOP