フィールディング

【12球団ナンバー1】すごいキャッチャーが出てきた!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

もうご存知だとは思いますが…

凄いキャッチャーが出てきましたね。

はい、ソフトバンクホークスの甲斐選手です。

すでに12球団ナンバー1の送球スピード(1.71秒)だそうですが、それも納得です。

捕ってからも速いですし、肩も強くてボールを叩きつけて投げているのがよく伝わりますし、動きなんかは内野手のようです。

ぜひ、そのプレーを見てください。

この甲斐選手はまだ24歳、しかも育成から這い上がってきた選手なんですね。楽しみな選手が出てきたなと思いますし、ソフトバンクの育成力に驚かされます。

キャッチャーをしている選手にとっては甲斐選手のプレーは非常に参考になると思いますので、ぜひ上達に役立ててほしいなと思います。

それから元中日ドラゴンズの小田幸平氏が『キャッチャーとして生きて行くなら身につけておかなければいけないこと』を教えてくださっていますので、こちらの教材も参考にしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『極めたい』というのは『愛している』という事
  2. 先輩に「投げにくい」言われたキャッチャーが超一流のキャッチャーになれた理由
  3. 【コーチング】選手を困らせていませんか?
  4. 柔らかいプレーができる選手って減ってきてません?
  5. 外野手のスローイングの精度が低い根本的な理由とは?
PAGE TOP