ピッチング

【江川卓、バーランダー、チャップマン】この3人に共通している事とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

江川卓、ジャスティン・バーランダー、アロルディス・チャップマン。

彼らの共通点をご存知でしょうか?

そういえば『3人とも160キロのボールを投げたことがある!』と言われていますね。江川氏の場合は全盛期の時にスピードガンがなかったわけですが全盛期のボールをスーパーコンピュータで解析してみると160キロだったとも言われていますし、バーランダー投手は164キロがMAXですし、チャップマン投手に関しては169キロがMAXです。

そんなボールを投げるこの3投手なんですが、実はファストボール(速球)に共通点があるんですね。その共通点というのがボールの握り方です。

実は基本と言われているファストボールの握り方と逆なんですね。

一般的に基本とされている握り方はこうですよね。

ところがこの3投手は逆で握ります。

ちょっとわかりにくい方のために…

【基本の握り方】

【3投手の握り方】

なんと世界トップクラスのファストボールを投げるピッチャー2人と日本野球界でそのファストボールが伝説のように語り継がれているピッチャーのボールの握り方が基本とは違うんですね。

なんとも面白い話です。

まあ、ボールの握り方を変えて球速が5キロも10キロもアップするなんて言えませんが、こっちの握り方の方がしっくりくるピッチャーはいるかもしれません。ファストボールに悩んでいるピッチャーはぜひチャレンジしてみてください。そして…

この教材も参考にしてくださいね。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【三塁ランナー】ゴロの判断はどうする?
  2. 【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる
  3. 井端コーチが言ったとされる「ゴロは右足の前で捕れ」。この言葉の捉え方を間違えると…
  4. 練習を作業にしてはいけない
  5. 選手の中に眠るまだ見ぬ能力を引き出すには…

関連記事

  1. ピッチング

    ついに150キロのボールを投げた!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。私の母校である敦…

  2. ピッチング

    掴んだ感覚を失わないために…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。この記事読みまし…

  3. ピッチング

    史上最年少で150セーブを達成した投手のピッチングスタイルとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今、ヒューストン…

  4. ピッチング

    世界一の右腕が行うトレーニング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ついに球団初の世…

  5. ピッチング

    プロ野球選手とアマチュア選手に見えるキャッチボールでの意識の差

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。非常に為になるコ…

  6. ピッチング

    年々成績が良くなるあの投手はキップアップが軽々できた。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。このブログでも何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ベースボールIQ

    見えない部分を見れる選手。見えない部分を言葉にできる選手。それは…
  2. バッティング

    野球選手がホームランを打ちたいと思ったら、ここからスタート!
  3. ピッチング

    超一流の左投手から一塁への牽制球を学んでみる
  4. バッティング

    ターゲットプラクティス!
  5. フィールディング

    【甲斐選手も手本にした】あの選手が教えるキャッチャーの基本
PAGE TOP