ピッチング

【江川卓、バーランダー、チャップマン】この3人に共通している事とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

江川卓、ジャスティン・バーランダー、アロルディス・チャップマン。

彼らの共通点をご存知でしょうか?

そういえば『3人とも160キロのボールを投げたことがある!』と言われていますね。江川氏の場合は全盛期の時にスピードガンがなかったわけですが全盛期のボールをスーパーコンピュータで解析してみると160キロだったとも言われていますし、バーランダー投手は164キロがMAXですし、チャップマン投手に関しては169キロがMAXです。

そんなボールを投げるこの3投手なんですが、実はファストボール(速球)に共通点があるんですね。その共通点というのがボールの握り方です。

実は基本と言われているファストボールの握り方と逆なんですね。

一般的に基本とされている握り方はこうですよね。

ところがこの3投手は逆で握ります。

ちょっとわかりにくい方のために…

【基本の握り方】

【3投手の握り方】

なんと世界トップクラスのファストボールを投げるピッチャー2人と日本野球界でそのファストボールが伝説のように語り継がれているピッチャーのボールの握り方が基本とは違うんですね。

なんとも面白い話です。

まあ、ボールの握り方を変えて球速が5キロも10キロもアップするなんて言えませんが、こっちの握り方の方がしっくりくるピッチャーはいるかもしれません。ファストボールに悩んでいるピッチャーはぜひチャレンジしてみてください。そして…

この教材も参考にしてくださいね。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【甲斐選手も手本にした】あの選手が教えるキャッチャーの基本
  2. あの選手はこれで50mを5.7秒で走れるようになった!【野球選手もスピードが求め…
  3. 【夏の終わりを感じているかもしれませんが…】日本のリトルリーガーたちが頑張ってま…
  4. 話題の『瞬達めがね』が教材になりました!
  5. 【菊池選手のこの言葉】胸に刻んでください。
PAGE TOP