バッティング

バッターにとってゴロはお金にならない

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

トロント・ブルージェイズのジョシュ・ドナルドソン選手。

すでに日本でも名の知れた強打者です。

6年間のMLB生活で141本ものホームランを打ってきたジョシュ・ドナルドソン選手なんですが、そんな彼が面白い話をしている動画がこちらです。

2:38ぐらいに司会者が大笑いしているんですが、どんな話をしているのかというと…

司会者「10歳の野球少年が家に帰ってきて『コーチにゴロを打てと言われた』と言ってきたらなんと答えればいいんでしょう?」

ドナルドソン「あなたが10歳なら大丈夫。私が教えてあげましょう。コーチに『ノー!』と言いなさい。なぜならビッグリーグ(MLB)ではグラウンドボール(ゴロ)はアウトを意味します。ですからゴロを打っていてはお金にならないのです。ホームランにこそ価値があるのです。

こんな感じの話をしています。

ぜひ、バッティング上達の参考にしてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 小学生の時にやっておかなければいけない事がある。
  2. 日本人選手が世界で戦うために…
  3. 選手の中に眠るまだ見ぬ能力を引き出すには…
  4. 練習やトレーニングにかける時間を増やすために睡眠時間を削るのはガソリンを入れずに…
  5. 単なる遊びが実は良い練習だったりする。【野球選手も参考にしてほしい】
PAGE TOP