バッティング

《バッティング》あることを変えたら絶好調!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今シーズン、ここまで素晴らしい活躍をしている楽天の茂木選手。すでに二桁本塁打を達成したんですね。

阪神の高山選手、オリックスの吉田選手、そして茂木選手。ニュージェネレーションの選手たちはバットを強く振れる選手が多いですね。おそらく日本もそういうバッターが求められる時代に突入したんだと思うんですが…

今日は先日のGet Sportsで茂木選手が昨シーズンとのバッティングの違いを話していたので紹介させていただきます。

まず、茂木選手は一番バッターとしての考え方をこんな風に話しています。

このように茂木選手は長打が打てる一番バッターを目指しているんですね。

そしてバッティングに対する考え方はこんな風に話しています。

なんと茂木選手の身長は…

171センチ。それでも…

こういう気持ちで振り続けた結果、プロ野球の世界でも二桁のホームランが打てるようになったんですね。

さあ、ここからが大事な話になるんですが…。昨シーズンとのバッティングの違いを茂木選手はこんな風に話しています。

茂木選手は右腰の使い方を変えることで飛距離アップに成功したそうです。ぜひ、バッティング上達の参考にしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. NPBで300盗塁以上した野球選手の盗塁理論
  2. これ、できますか?
  3. 世界一のピッチャーの野球に対する姿勢をご覧あれ!
  4. サイ・ヤング賞を5回受賞した大投手のレッスンとは?
  5. 【ゴールドグラブ賞を3回受賞した男から学ぶ】壁を使った野球上達法!
PAGE TOP