バッティング

常に自分の体と向き合い続けている偉大なバッター

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日2000本安打を達成した青木宣親選手。小柄な彼になぜ需要があるのか?そんなことが書かれたコラムの中にバッターにとっては非常に参考になることが書かれていたので紹介します。

プロには失礼な言葉だと承知している。

でも、敢えて書きたい。

青木宣親は、「頑張り屋さん」だ、と。

取材に行くたび、話を聞くたび、いつもいつもバッティングのことを考えていた。神宮でも。ミルウォーキーでも。キャンプ地のアリゾナでもフロリダでも。

佐知夫人からこんなことを聞いたことがある。

「家に帰ってくると、まずは映像でバッティングの確認をしていますね」

そういえば、アリゾナでオープン戦が終わった後、一緒に車に乗ると、「ちょっと待ってくださいね」と言ってから、いきなり車内で自分の打撃フォームを映像で確認していた。

「自分の感覚が残っているうちに映像で確かめたいんです。そうすれば、感覚のズレをすぐに修正できるから」

常にフォームを調整し、試合中も映像を確認する。

青木は感覚の人である。

その日、自分が感じていることを大切にしている。バットを持った時、自分が何を感じているかを。

「バットは同じ重さでも、体調によって軽かったり、重かったりしますからね。それを試合前のバッティング練習で確認しつつ、調整する感じです」

私がテレビ番組の司会をやっていた時、毎週、青木の打撃フォームを見ていた。面白いことにバットの角度、スタンスが毎週のように変化していた。調整しながらベストのフォームを探していた。

※なぜ青木宣親はMLBで需要があるか。車でも、試合中も欠かさない作業。(Number)

 
偉大なバッターでありながらいまだに自分の体と向き合い続けている。いや、常に自分の体と向き合い続けているからこそ偉大なバッターになれたのかもしれませんね。バッターとしてのこういう姿勢はぜひとも見習ってほしいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. スプリングトレーニングで気になった動画をピックアップしてみました。
  2. スペシャルなバッターたちの打席での意識とは?
  3. 凄くて巧い内野手【その基準とは?】
  4. 【プロ野球選手の走塁ミスに学ぶ】帰塁のルールとは?
  5. 【チャーリー・ブラックモン選手から学ぶ】世界トップクラスのバッターがやっている事…

関連記事

  1. バッティング

    適当に打て!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日刊スポーツにこ…

  2. バッティング

    世界レベルのバッターたちはどんな意識でバッティング練習をしているのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン球団最…

  3. バッティング

    プリンス・フィルダー氏のバッティング感覚

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。すでに引退してし…

  4. バッティング

    あの安打製造機が語るバットコントロールとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。篠塚氏が話すバッ…

  5. バッティング

    【カルロス・コレア選手に学ぶ】あなたのスイングを解析する時に注意すること

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アメリカのBla…

  6. バッティング

    惜しくもMVPを逃したバッターから学ぶ【時代に流されない強さ】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、MLBの今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ピッチング

    【日本を代表する2人の投手】その原石時代とは?
  2. マインド

    野球選手として成長するための姿勢とは?
  3. コーチング

    数々の名選手を育てた名指導者の考え方とは?
  4. フィジカル

    運動神経を高めるトレーニング
  5. マインド

    【当たり前すぎて気付かない】私たちは毎日大切なプレゼントを受け取っている
PAGE TOP