バッティング

【2017年のMLBドラフト】上位指名された3選手を見てみましょう

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

2017年のMLBドラフトが終わったようです。

結果はこんな感じになりました。

1 MIN ロイス・ルイス SS R/R
2 CIN ハンター・グリーン RHP R/R
3 SDP マッケンジー・ゴア LHP L/L
4 TBR ブレンダン・マッケイ 1B L/L
5 ATL カイル・ライト RHP R/R
6 OAK オースチン・ベック OF R/R
7 ARI パビン・スミス 1B L/L
8 PHI アダム・ハゼリー OF L/L
9 MIL ケストン・ヒウラ 2B R/R
10 LAA ジョー・アデル OF R/R

 
ということで選手を見てみましょうか。

まずは全体1位のロイス・ルイス選手。彼は遊撃手と外野手を守る高校生です。

次は全体2位のハンター・グリーン選手。彼は今流行りの二刀流選手で投手としては164キロのボールを投げ、打者としては140メートルを飛ばす遊撃手です。ちなみに彼も高校生。

次は全体3位のマッケンジー・ゴア選手。彼も高校生で左投げの投手です。足の上げ方はヤクルトの高橋奎二投手に似ていますね。

今日はこの辺にしておくとして…

彼らの今後の活躍を楽しみにしましょう。そして日本の選手も彼らに負けないスケールの大きな選手になってもらえたらなと思います。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【内野フライでタッグアップ?】あなたは隙を狙っていますか?
  2. 【3年前から始まった丸ノート】果たしてその内容は?
  3. 内野手はひとつのエラーをどう生かすかもセンスです。
  4. 【世界は広い!】18歳で160キロのスローイングをする選手
  5. 外野手がよく言われる「先に下がれ!」とは?
PAGE TOP