バッティング

ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日はロビンソン・カノ選手のメッセージを紹介したので、今日はバッティングを教えてもらいましょう。

実はカノ選手のバッティング練習にはカノドリルと呼ばれているものがあるんですね。例えばYouTubeで『cano drill』と検索してみるとその動画がいくつか出てきます。

そのカノドリルを紹介している動画がコチラです。

で、実際にカノ選手がそのドリルをしているのがこの動画です。

そして、カノ選手はマリナーズの選手を指導する時もそのドリルをさせています。

ですから、気になる選手はこのドリルにトライしてみてほしいなと思うんですが、カノ選手の指導を見ていると『柔らかく打て!』と伝えているように見えますね。まあ、実際にカノ選手のバッティングを見てみると本当に何の力みもないんですね。ぜひ、カノ選手の柔らかさを感じてください。

これだけ力まずにバットが出せるので精度の高いバッティングができるんでしょうね。

『カノ・ドリル』と『柔らかさ』。ぜひ、バッティング上達のヒントにしてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. いつから野球を始めるのがベストなのか?
  2. バックハンド(逆シングル)に対するその考え方、甘くないですか?
  3. MLB(メジャーリーグベースボール)で1640イニング投げてきたピッチャーのトレ…
  4. 【19歳の頃の坂本勇人選手以上?】個人的に感じている、その選手の一番の良さとは?…
  5. ナショナルリーグ・打率2位の打者からバッティングを学ぶ
PAGE TOP