バッティング

ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日はロビンソン・カノ選手のメッセージを紹介したので、今日はバッティングを教えてもらいましょう。

実はカノ選手のバッティング練習にはカノドリルと呼ばれているものがあるんですね。例えばYouTubeで『cano drill』と検索してみるとその動画がいくつか出てきます。

そのカノドリルを紹介している動画がコチラです。

で、実際にカノ選手がそのドリルをしているのがこの動画です。

そして、カノ選手はマリナーズの選手を指導する時もそのドリルをさせています。

ですから、気になる選手はこのドリルにトライしてみてほしいなと思うんですが、カノ選手の指導を見ていると『柔らかく打て!』と伝えているように見えますね。まあ、実際にカノ選手のバッティングを見てみると本当に何の力みもないんですね。ぜひ、カノ選手の柔らかさを感じてください。

これだけ力まずにバットが出せるので精度の高いバッティングができるんでしょうね。

『カノ・ドリル』と『柔らかさ』。ぜひ、バッティング上達のヒントにしてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【バッティング】スイングする時、軸足に体重は残ってない?
  2. 【目先の1安打も大事だけど…】打者・大谷翔平選手から学ぶべき事とは?
  3. 【現在ナショナル・リーグ打率3位】ジャスティン・ターナー選手のバッティング理論
  4. ランナーが一塁にいる時に左中間を抜ける打球が飛んだら野手はどう動きますか?
  5. メジャーリーガーたちも恐れたピッチングフォームが誕生したのは…
PAGE TOP