バッティング

今シーズン絶好調のあのチーム。その強さの秘密は打者たちの意識の変化にあった?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

そういえばダルビッシュ投手がアストロズ打線についてこんなことを言っていました。

この日は序盤からアストロズ打線にファウルで粘られ、球数がかさんだ。過去には、アストロズを相手に2度あわやノーヒットノーランという投球を見せたダルビッシュも、30球団トップの勝率を誇る打線の勢いを感じずにはいられなかた。試合後、会見に臨んだ右腕は、5回の失点場面について質問されると「去年までだったらみんなアグレッシブにどんどん打ちにくるチームだったけど、今日に関しては勝つための野球をする感じがした。ストライクからでも無理にヒットを打ちにいくんじゃなくて、ファウルでいいという感じできていた」と、勝利に対する姿勢を素直に称えた。

打線は今季絶好調のカイケルの前に沈黙。ダルビッシュは援護がもらえない不運もあったが「言い訳は正直ないですし、(自分の)調子もすごくよかったと思います」と、潔く負けを認めた。

※4敗目ダルビッシュ、アストロズ打線称賛「勝つための野球をする感じがした」(Full-count)

バットを振れるのは素晴らしいことだけど、それだけでは怖くはないということでしょうか。実際に今年のアストロズはここまで42勝16敗(勝率.724)と圧倒的な強さを見せています。その強さの秘密はバッターたちの意識の変化なのかもしれませんね。ぜひ、こういう記事を野球上達のヒントにしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 今の野球界で最も差が出るものだからこそ…
  2. 日本野球の守備に問題があるのはもう分かった。だったら次のレベルに進もう!
  3. 【プロ野球選手の走塁ミスに学ぶ】帰塁のルールとは?
  4. ご自分の体と向き合っていますか?
  5. 美人ほど整形したがる【野球界も一緒なのか?】

関連記事

  1. バッティング

    あなたはストライクゾーンを知っていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。打ち方を追求する…

  2. バッティング

    世界最高のインサイドアウトはどうやって身についたのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ベースボールバイ…

  3. バッティング

    千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あの青島健太氏が…

  4. バッティング

    メカニズムとセンスのバランスはとれていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。いつも思うことで…

  5. バッティング

    ネクストバッターズサークルでどんな事をしてますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球にはネクスト…

  6. バッティング

    大谷選手はこんな感覚でバッティングをしている?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今頃元日の記事な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    井端コーチが言ったとされる「ゴロは右足の前で捕れ」。この言葉の捉え方を間違えると…
  2. バッティング

    イチロー選手のバッティングから学ぶ。《連ティーに隠さているものとは?》
  3. ピッチング

    【読売ジャイアンツの畠投手に学ぶ】ピッチャーにとって大切な事は…
  4. フィジカル

    やっぱり、こういう選手は魅力がありますね
  5. バッティング

    【3年前から始まった丸ノート】果たしてその内容は?
PAGE TOP