バッティング

MLBで600本のホームランを打ったプホルス選手の歴史と哲学

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日、アルバート・プホルス選手が通算600号のホームランを打ちました。

プホルス選手といえば2001年のデビューから10年連続で打率.300・30本塁打・100打点を達成した史上最高とも言われる大打者です。しかも、その才能を見出したのはあのマーク・マグワイア氏だったそうですから面白いものです。偉大なバッターは偉大なバッターを知るのかもしれませんね。まあ、その話は置いといてまずはプホルス選手が打ってきた節目のホームランを見てみましょうか。

これが第1号。プホルス選手がMLBで打った最初のホームランです。

そして、これが100号。

200号

300号

400号

500号

そして600号の満塁ホームラン。

こうやってプホルス選手のバッティングの歴史を見てみるとほとんど変化がないことに気づくと思います。そこで今日はプホルスという選手がどういう哲学でバッティングをしているのかその一部を聞いてみてください。ここではバットの握り方とバットの出し方について話されています。ちょっと人とは違う考え方なので参考になるかもしれません。

そういえばマグアイア氏との会話も面白いですよ。

ぜひ、バッティング上達の参考にしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【日本の安打製造機が教える】トップの位置
  2. 技術は三流の野球選手がどうして超一流の野球選手になれたのか…
  3. 【一塁ランナー】牽制をもらう方法ともらわない方法
  4. 【強い打球が打ちたかったら体重を増やせばいいんですよ】増量に対する考え方
  5. 180キロ以上の打球が打てる大谷翔平という怪物
PAGE TOP