フィジカル

足には細かい骨がたくさんあるので、その一本一本が動くように!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今シーズン10秒0台を連発している桐生祥秀選手(21=東洋大)。好調の秘密は室伏広治氏とのトレーニングにあったそうなんですが、先日2人がトレーニングをしている映像がテレビで放送されていました。その中で室伏氏が話されている内容が面白かったのですが、その話というのは多くのアスリートはトレーニングの時、足首から先は足首しか意識していないという話でした。

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. プホルス選手のバッティング理論から考える【野球選手として成長するために…】
  2. 保護中: 【内野手の基本】ラクな姿勢を覚える!(パスワードは2月2日のBBB通信…
  3. 【内野守備】あなたは『一文字』or『ハの字』?
  4. 数々の名選手を育てた名指導者の考え方とは?
  5. 小学生の頃に野球を教えてくれたPL学園の野球。
PAGE TOP